auの新料金プラン ほんとうに安くなるの?

ドコモに続き、au が新料金プランを発表しました。
発表によると従来のプランと比べて最大4割も安くなるそうです。

ぼく
本当かなぁ?

先に新料金を発表したドコモも「4割安くなる」をうたっていましたが、実際に4割も安くなるのは一部の超ヘビーユーザーだけでした。

さて、au はどうでしょうか?
ドコモの手の内を見て後出しで新料金プランを発表したのだから、きっと本当に安くなるんでしょうねぇ。
ということで、今回は au の新料金プランと旧プランを比較しました。

au の新料金プラン

au から発表された新料金プランは

  1. 新 au ピタットプラン
  2. au フラットプラン7プラス
  3. au データMAXプラン

の3つです。

新 au ピタットプラン

新auピタットプラン

月額:1,980 円 〜

従量課金制のプランです。
音声通話時の通話料金は別途かかります。

毎月 1〜7GB までの間で、データ量を使った分に応じて3段階で料金が変わります。
7GB を超えると速度制限(128Kbps)がかかりますが、普段あまりデータ通信をしない人ならムダなく経済的な料金プランです。

新auピタットプラン料金

新auピタットプランの料金

ただし、この料金で使うには

  1. 2年定期契約
    いわゆる "2年縛り" のことです
  2. 同居家族で3回線以上が au
    割引サービスの「家族割プラス」に3人以上で加入
  3. 毎月のデータ使用量を 1GB 以内に抑える

という3つの条件をすべて満たさなければいけません。

その他にも

  • au スマートバリュー
    加入すれば、データ使用量が 1GB を超えた場合のみ 500円 の割引
  • ケータイ→auスマホ割
    au や他社のガラケーから au のスマホに乗り換えれば、最大12ヶ月間 1,000円/月 の割引

の2つの割引を併用することもできます。
すべての割引き条件を適用させると、月々の料金を 980 円〜 にすることも可能です。

au フラットプラン7プラス

auフラットプラン7プラス

月額:3,480 円 〜

データ通信定額+SNSカウントフリーのプランです。
音声通話時の通話料金は別途かかります。

「+メッセージ」「Facebook」「Twitter」「Instagram」の4つの サービスではデータ使用量がノーカウントになります。
SNS をよく利用する人にはお得なプランといえますが、「LINE」が対象外 なのは残念です。

データ通信は毎月 7GB まで使えます。
7GB を超えると 300Kbps の低速データ通信になります。

ただし、月々 3,480円 で使うためには

  1. 2年定期契約
    いわゆる "2年縛り" のことです
  2. 家族で3回線以上が au
    割引サービスの「家族割プラス」に3人以上で加入
  3. au スマートバリューに加入
    「auひかり」か「auスマートポート」を契約していると割引

の3つの条件をすべて満たさないといけません。

au データMAXプラン

auデータプランMAX

月額:5,980 円 〜

データ通信が定額で使い放題のプランです。
音声通話時の通話料金は別途かかります。

大手ケータイ3社では初めて高速データ通信が無制限に使用できる注目の新料金プランです。
毎月データ容量が足りなくなるヘビーユーザーにはピッタリなプランですが

  1. 2年定期契約
    いわゆる "2年縛り" のことです
  2. 家族で3回線以上が au
    割引サービスの「家族割プラス」に3人以上で加入
  3. au スマートバリューに加入
    「auひかり」か「auスマートポート」を契約していると割引
  4. 最初の6ヶ月間だけ
    期間限定割引「au データMAXプラン スタートキャンペーン」のことです

の4つの条件が揃って、はじめて 5,980 円〜 という料金が実現できます。

しかも「使い放題」といいながら実際は

  • 動画配信、ストリーミングサービスなどの、大量のデータ通信または長時間接続をともなうサービスをご利用の際、通信速度を制限いたします。
  • 一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限いたします。
  • テザリング、データシェア、国際ローミングでデータ通信の場合、データ容量の上限は20GBです。20GBを超えた場合、テザリング、データシェアの通信速度が送受信最大128kbpsとなります。

と、油断すると速度制限をくらうので注意が必要です。

新 au ピタットプランと旧ピタットプランの比較

発表された新プランのうち、「au フラットプラン7プラス」と「au データMAXプラン」は比較できる同じようなサービス内容のプランがありません。

また「新 au ピタットプラン」のデータ量ごとの料金が 1GB・4GB・7GB の3段階なのに対し、旧ピタットプランでは 1GB・2GB・3GB・5GB・20GB の5段階になっています。

au ピタットプラン 料金

旧ピタットプラン(スーパーカケホ)の料金

そのため純粋に比較できるのは、新旧それぞれのピタットプランで使ったデータ通信量が 1GB のときだけです。

ここでは 新 au ピタットプラン と 旧ピタットプラン を

  1. 1人で使ったとき
  2. 家族3人で使ったとき

のそれぞれで、

  1. 国内通話カケ放題なし
  2. 国内通話カケ放題あり(1回5分以内)

の2パターンで比較します。

1人で使ったとき

カケ放題なしでは 新ピタットプラン と 旧ピタットプラン(シンプル)の比較、カケ放題ありでは 新ピタットプラン+通話定額ライト と 旧ピタットプラン(スーパーカケホ)の比較です。

カケ放題なし

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 2,980 2,980
auスマホ割 ※ -1,000 -1,000
合計
(2年目以降)
1,980
2,980
1,980
2,980

※ 1年間限定割引き

新プランと旧プランで料金の差はありませんでした。

カケ放題あり

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 2,980 3,480
通話定額 700
auスマートバリュー -500
auスマホ割 ※ -1,000 -1,000
スマホ応援割 ※ -1,000
合計
(2年目以降)
2,680
3,680
980
2,980

※ 1年間限定割引き

新プランのほうが 1,700円 も高いという結果になりました。
さらに1年間限定の割引が終了しても、新プランのほうが 700円 高くなります。

新プランでは、カケ放題の定額料金がオプションで別料金になっています。
さらに新プランでは「スマホ応援割」が廃止になってしまったため、旧ピタットプランのほうが安くなってしまいました。

また、参考までにデータ容量を上限まで使用した場合の比較をご覧ください。

カケ放題なし

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 5,980 6,980
auスマートバリュー -500 -1,000
auスマホ割 ※ -1,000 -1,000
合計
(2年目以降)
4,480
5,480
4,980
5,980

※ 1年間限定割引き

カケ放題あり

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 5,980 7,480
通話定額 700
auスマートバリュー -500 -1,000
auスマホ割 ※ -1,000 -1,000
スマホ応援割 ※ -1,000
合計
(2年目以降)
5,180
6,180
4,480
6,480

※ 1年間限定割引き

カケ放題なしの場合は新プランのほうが安くなります。
カケ放題ありの場合でも、1年間限定の割引が終了した2年目以降は新プランのほうが安くなります。
しかし、その差は 300〜500円 とわずかです。

さらに、新プランと旧プランとでは月々に使えるデータ量の上限が違います。
月々 7GB までの新プランに対し、旧プランでは 20GB まで使えます。
料金差を考えれば 旧プラン のほうがお得な感じがしますね。

現在1人で 旧ピタットプラン を契約していて、月々のデータ通信量が 7GB 以上の人は、新プランに変更しないほうがよさそうです。

家族3人で使ったとき

新プランなら家族3人で使えば「家族割プラス」が効きます。
これが結果にどう影響するでしょうか。

カケ放題なし

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 8,940 8,940
家族割プラス -3,000
auスマホ割 ※ -3,000 -3,000
合計
(2年目以降)
2,940
5,940
5,940
8,940

※ 1年間限定割引き

新プランのほうが、1人あたり 1,000円 も安くなります。
2年目以降もその差は変わりません。

カケ放題あり

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 8,940 10,440
通話定額 2,100
auスマートバリュー -1,500
家族割プラス -3,000
auスマホ割 ※ -3,000 -3,000
スマホ応援割 ※ -3,000
合計
(2年目以降)
5,040
8,040
2,940
8,940

※ 1年間限定割引き

家族割プラスが効いても、新プランのほうが1人当たり 700円 高いという結果になりました。
しかし、1年間限定の割引が終了した2年目以降は、新プランのほうが 300円 安くなります。

家族割プラスの 1,000円割引 の効果が大きく、家族3人以上で2年以上使うのであれば 新プラン のほうがお得といえます。
ただし、家族3人全員が月々 1GB しかデータ通信をしないというのは現実的ではありませんね。

そこで、家族3人がデータ容量を上限まで使用した場合の比較をご覧ください。

カケ放題なし

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 17,940 20,940
auスマートバリュー -1,500 -3,000
家族割プラス -3,000
auスマホ割 ※ -3,000 -3,000
合計
(2年目以降)
10,440
13,440
14,940
17,940

※ 1年間限定割引き

カケ放題あり

プラン 新ピタット 旧ピタット
利用料金 17,940 22,440
通話定額 2,100
auスマートバリュー -1,500 -3,000
家族割プラス -3,000
auスマホ割 ※ -3,000 -3,000
スマホ応援割 ※ -3,000
合計
(2年目以降)
12,540
15,540
13,440
19,440

※ 1年間限定割引き

カケ放題の有無にかかわらず、1年目から新プランのほうが安いという結果になりました。
しかもその差額は、1人あたり 1,300円〜1,500円 と大きいです。

以上から、家族3人以上で利用するのであれば 新プラン に変更したほうがお得といえそうです。
ただし、家族全員が毎月 4 ~ 7GB のデータ通信を利用するようであれば「au フラットプラン7プラス」に変更したほうがもっとお得です。

まとめ

以上、au の新旧ピタットプランの比較でした。
比較した結果を簡単にまとめると、新 au ピタットプラン のほうが

  • 1人で使うなら 値上げ
  • 家族3人以上が使うなら 値下げ

になります。
そのため、現在 旧ピタットプラン を契約している人は

  • 1人で使っているなら 旧プランのまま
  • 家族3人以上で使っているのなら 新プランへ変更

がオススメです。
特に、家族3人以上で 5GB 以上のデータ通信を使った場合では、1人あたり 1,000円 以上の値下げになります。

ところでこの料金差、au が発表した「4割安い」には程遠いですよね。
実は、au が発表した「従来のプランより4割安い」の『従来のプラン』とは 旧ピタットプラン のことではなく、通話基本料とデータ定額料金が別になったさらに昔の料金プランのことです。
旧ピタットプランが登場した時点で、従来のプランからはだいぶ安くなっていました。

2年以上も前に勝負がついている『従来のプラン』を今さら引っ張り出してきて「4割安くなった」などとドヤ顔をかます、au のやりかたにはあざとさを感じますね。

オススメの記事