英語など外国語の勉強のための音声ファイルをスマホに保存している人は多いと思います。
語学用の音声ファイルを再生するためには、語学専用の再生アプリを使うのがオススメです。
音楽再生用のアプリでは、トラック内でのリピート再生や再生速度の変更などの機能に乏しいからです。

語学の勉強に最適なプレーヤー「Audipo

紹介するのは「Audipo」というアプリです。
語学の用途以外にも便利な機能を備えています。

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

Audipo 〜倍速再生、耳コピ、リスニングに〜

hidekazu seto無料posted withアプリーチ

Audipo の使い方

  1. フォルダの作成
    事前に語学用のフォルダを作成し、語学用の音声ファイルを保存しておきます。

  2. フォルダの検索
    右下の(フォルダ)アイコンをタップし、で作成したフォルダを探ります

  3. フォルダの選択
    右上のをタップし、[このフォルダをデフォルトで表示する] を選択

    語学ファイルの選択は、今後はこの「フォルダ」から選択することになります。

  4. これで準備完了

 

さっそく Audipo で音声ファイルを再生してみましょう。

1再生速度の調節

再生速度の変更は語学には必須の機能です。

再生速度を変えられるオーディオアプリは他にもありますが、「Audipo」では ×0.25~4.00(1/4~4倍)の間で 0.01 ポイント単位での調節が可能です。

2再生範囲の指定

マーカーをつけて再生範囲を指定し、リピート再生することができます。これも語学には必須の機能ですね。
この機能は、会議などの録音記録を文字に打ち直したり(テープ起こしってやつですね)、音楽の耳コピなどにも効果を発揮します。

まずは、再生したいファイルを選択します。
右下のフォルダのアイコンをタップして探っていきます。シークバーが11本も並んでいますが、これ全部で1トラック分です。

シークバー上で開始したい場所をタップすると緑色の が付きます。これは仮のマーカーなので音を聞きながらマーカーの位置を微調整します。

マーカーの位置が決まったら、アイコンをタップします。これでマーカーが黄色の に変わり位置が確定します。

この作業を繰り返し、2個以上のマーカーを付けます。

シークバー下の右から3つ目のアイコンをタップすると、2つのマーカー間をリピート再生します。

次のマーカー間に移動したいときは →▼アイコンを、前のマーカー間に移動したいときは ▼←アイコンをそれぞれダブルタップします。

①と②の機能は無料版でも使うことができます。

有料版で追加できる機能

有料版を購入することで、次のような機能を追加できます。

  • 音程の調節
  • プレイリストの再生・編集
  • 曲名・アルバム・アーティストの検索
  • ファイルへのエクスポート
  • 広告除去

プレイリストや検索など、音楽再生の用途としては当たり前の機能が有料だったりします。
音楽再生用には別のアプリを使い、このアプリは語学専用にして使い分けるのがよさそうです。

注意点

このままの状態では、音楽再生用のアプリでも語学ファイルの再生が可能なままです。音楽を楽しんでいる最中にいきなり「レッスン 1 ~」とか始まったらもう興ざめですね。
これを防ぐために「nomediaファイル」を使う方法があります。詳しくはコチラの記事をご覧ください。
オススメの記事