爆安 BAKUYASU

総務省からのお達しに応じ、携帯料金の値下げに踏み切った大手携帯電話各社。
しかし発表された新料金プランを見て、正直鼻で笑っちゃったMVNOユーザーは少なくないはず。なぜなら、それでも格安SIMの低料金の足元にも及ばなかったから。大手各社よくもまぁ、こんな老人や子供を騙すようなプランを堂々と発表できたもの。その神経の図太さに感心します。

月々500円以下で使える爆安SIM特集

群雄割拠の格安SIM業界。1,000円以下なんてもう当たり前で、ワンコイン(500円)以下の超格安SIMもたくさん登場しています。今回は、そんな超格安SIM改め 爆安SIM を紹介しましょう。

nuroモバイル【0 SIM】

爆安度

究極の爆安SIMがこの 0SIM です。なんと、毎月500MB未満の通信量なら0円つまりタダで LTE 回線の高速通信が可能です!

500MBあれば、Yahoo!のトップページなら約2,000回、YouTubeの動画(スマホ版)なら約250分表示可能です。

>> 0 SIM の詳細はコチラ <<

料金

  • データ専用プランなら、通信量 500MB/月 未満が無料
  • 500MB に達したら、以降 100MB ごとに 100円
  • 2GB に達したら、以降 5GB まで 1,600円 の定額
  • SMS付き: +150円、音声通話付き: +700円
  • チャージ可能(100MB:500円、500MB:2,100円、1GB:3,800円)

通信

通信網 NTTドコモ
通信速度 225Mbps / 50Mbps
速度制限 5GB/月 以降は速度制限アリ

無料なのは「500MBまで」ではないので注意。500MBに達した瞬間から料金が発生します。
また、3ヶ月間データ通信を全く利用しなかった場合、自動解約となってしまいます。
無料の500MBはメインで使うには足りなさそうですが、サブ機になら最適ではないでしょうか。

>> 0 SIM の詳細はコチラ <<

ロケットモバイル【神プラン】

爆安度

月額 298円 から使える低速通信専用のSIMです。


各種サービス利用などで貯めたポイントを料金に充てて、最大0円にすることができます。

>> 神プラン の詳細はコチラ <<

 料金

  • データ専用プランで月額 299円 の使い放題
  • 端末保証つきの「スーパー神プラン」もある(719円/月)
  • SMS付き: +150円、音声通話付き: +650円

通信

通信網 NTTドコモ
通信速度 200Kbps
速度制限 なし

速度制限なし。さらに、他社の低速専用SIMでよく見る「3日間 ○GB で速度制限」もありません。
メール&無料通話アプリしか使わず、低速通信のみで運用するには最適です。

>> 神プラン の詳細はコチラ <<

DMMmobile【ライトプラン】

爆安度

低速通信しか使えませんが、月額 440円 ポッキリで使い放題です。


バースト機能」があり、低速通信時の始めの少しだけ高速通信で読み込んでくれます。WEBサイトの読み込みが最初だけ速くなりストレスが軽減します。

>> DMMモバイル の詳細はコチラ <<

料金

  • データ専用プランで、440円/月 で使い放題
  • SMS付き: +150円、音声通話付き: +700円
  • チャージ(高速通信)可能:100MB=200円~

通信

通信網 NTTドコモ
通信速度 200Kbps
速度制限 3日間合計366MBで超低速に…

低速通信のみで運用するならオススメです。ただし、3日間合計366MBの使用でさらに速度制限がかかり、使い物にならなくなるので注意。

>> DMMモバイル の詳細はコチラ <<

ワイヤレスゲート【Wi-Fi+LTE 480円プラン】

爆安度

こちらも低速通信しか使えませんが、月額 480円(税込)で使い放題。


名前に「Wi-Fi」とあるように、公衆無線LANを利用できるオプション機能が、標準でかつ無料でついてきます。

>> ワイヤレスゲート の詳細はコチラ <<

料金

  • データ専用で 480円/月 で使い放題
  • SMS付き: +150円、音声通話付き: +820円

通信

通信網 NTTドコモ
通信速度 250Kbps
速度制限 あり(詳細不明)

通信速度が 250Kbps と他の低速通信SIMに比べて少し速いです。Wi-Fiサービスは『BBモバイルポイント』『Wi2-300』『eoモバイル』の公衆無線LANが無料で利用できます。空港やマクドナルドなど、その数は40,000ヶ所以上です。

>> ワイヤレスゲート の詳細はコチラ <<

500円は超えちゃうけど“まずまず”安い 激安SIM

一見500円以下に見えるけど税込料金だと500円を超えてしまう、それでもかなり安い 激安SIM です。

イオンモバイル【データ 1GBプラン】

爆安度

税抜480円で高速データ通信が使え、ドコモ回線・au回線から選択可能です。


手持ちのスマホがau端末でも格安SIMが使えますよ。

>> イオンモバイル の詳細はコチラ <<

料金

  • 月額 480円(税抜)
  • SMS付き: +140円
  • チャージ可能(1GB:480円)

通信

通信網 NTTドコモ / au
通信速度 788Mbps / 50Mbps
速度制限 3日間合計366MBで超低速に…

速度制限は 1GB を使い切った後 200Kbps で使用していた場合。ただし「NTTドコモ回線(タイプ2)」は制限対象外なので、ドコモ回線を選ぶなら迷わず「タイプ2」を!

>> イオンモバイル の詳細はコチラ <<

LINEモバイル【フリープラン データ】

爆安度

月額料金は税抜で 500 円ですが、LINE のサービスでデータ容量を消費しません。


さらに LINE の SMS認証 を SMSオプションなしで突破できる特別待遇つきです。

>> LINEモバイル の詳細はコチラ <<

料金

  • 月額 500円(税抜)
  • SMS付き: +120円、音声通話付き: +700円
  • チャージ可能(0.5GB:500円)

通信

通信網 NTTドコモ
通信速度 375Mbps / 50Mbps
速度制限 なし

速度制限は 1GB を使い切った後は 200Kbps に通信速度が落ちますが、LINE サービスは引き続き高速データ通信で利用できる「カウントフリー」が使えます。ただし常軌を逸するほど使用すると、さすがに制限がかかるようです。

>> LINEモバイル の詳細はコチラ <<

まとめ

以上、500円以下で使える爆安SIMの紹介でした。
高速通信のデータ容量が少なかったり低速専用だったりと、メインで運用するには多少制約がありそうです。
しかし例えば、小学生くらいのお子様にスマホを持たせたい場合には低速通信専用のSIMはとても有効です。低速でもメールやメッセージの送受信・無料通話アプリによる音声通話にはほとんど影響がありません。動画の視聴はほとんどムリですが、かえってパケットの使い過ぎを抑える効果が期待できます。こどもって YouTube とか大好きですからね。
新学期のお祝いに、お子様へスマホをなんて考えているなら、ここは爆安SIMを検討してみませんか。

おしまい

オススメの記事