プロ野球2020全試合みたい!

新型コロナウイルス感染拡大の影響により開幕が延期されていた2020年プロ野球リーグ戦が、6月19日からいよいよ始まります。
ただし当面は無観客での開催となるようなので、しばらくは球場ではなく自宅でのテレビ観戦になります。

最近のテレビは地上波での野球中継がめっきり減ってしまいました。
そのかわり BS・CS 放送やインターネット配信のおかげで、全国どこでも全球団の全試合を試合終了まで観戦することができます。

プロ野球ファンとしては、贔屓の球団以外の試合もしっかりチェックしておきたいところ。
そこでこの記事では、テレビで2020年のプロ野球リーグ戦全試合を観るために最も安い方法を検証します。

プロ野球リーグ全試合をテレビで観る方法

12球団公式戦の完全中継なら『スカパー!プロ野球セット』

プロ野球リーグ戦の全試合を試合終了まで観るなら、定番は『スカパー!プロ野球セット』です。

スカパーのスポーツチャンネルから、プロ野球中継が観れる12チャンネルがセットになったパッケージです。
料金は月額 4,075円(基本料:390円 + 視聴料:3,685 円・税別) で、テレビだけでなくスマホやタブレットパソコンでも視聴できます。
オールスター戦やクライマックスシリーズ・日本シリーズの中継は未定ですが、リーグ戦全試合を確実に観るための最も簡単な方法です。

しかし、プロ野球しか観れないのに月額4千円オーバーはちょっとお高め。
もっと安くプロ野球全試合を見る方法はないでしょうか。

ケーブルテレビでもプロ野球リーグ戦を全試合中継

実は スカパー!プロ野球セット で提供されているチャンネルはケーブルテレビでも見ることができます。

例えば J:COM なら、月額 5,522円(税抜)のスタンダードコースで観れるチャンネルに スカパー!プロ野球セット の12チャンネルが全て含まれています。

料金はスカパーより高いですが、J:COM のスタンダードコースならプロ野球が観れる12チャンネルを含めた88チャンネルが視聴できることを考えるとお得だとは思います。

ただし、これは J:COM の場合で、ケーブルテレビは地域によってサービスを提供する事業者が異なります。
そのため、視聴できるチャンネルにも差が出てきます。
例えば僕の住んでいる地域のケーブルテレビでは、ソフトバンクの主催試合を中継する「スポーツライブ+」が観れません。

このような地域格差があるので、全てのケーブルテレビでプロ野球の全試合が観れる保証はありませんし、観れたとしても料金が割高になってしまう可能性もあります。

DAZN でもプロ野球リーグ戦を完全中継

スポーツ中継専門の動画配信サービスの『DAZN(ダゾーン)でも、プロ野球リーグ戦を試合終了まで観れます。

DAZN (ダゾーン) スポーツをライブ中継

DAZN (ダゾーン) スポーツをライブ中継

DAZN無料posted withアプリーチ

DAZN なら 月額 1,750円(税別)ポッキリで視聴できます。
プロ野球だけはでなく、メジャーリーグやサッカーJリーグなど多くのチャンネルを追加料金なしで観れます。

ドコモユーザーなら、さらにお得な DAZN for docomo が利用可能。
番組内容は変わらないのに、月額 980円(税別)で DAZN が利用できるスーパースペシャルお得サービスです。

DAZN では広島カープの主催試合が観れない

スカパー と DAZN の料金を比較すると、圧倒的に DAZN のほうが安いです。

月額料金 4,075 円 1,750 円 980 円
観れる競技 プロ野球だけ 野球・サッカーなど多数

しかも DAZN では追加料金なしで野球以外のスポーツ中継も観れるので、コストパフォーマンスではスカパーを圧倒しています。
ただし、DAZN で配信されるのは以下の球団主催の試合です。

セントラル・リーグ
読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
パシフィック・リーグ
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
埼玉西武ライオンズ
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス

パ・リーグは全6球団のホームゲームが観れますが、セ・リーグは広島のホームゲームだけが観れません。
広島ファンはもちろん、他チームファンもマツダスタジアムでの広島戦など、対カープのビジターゲームが観れないのは残念です。
そのため、広島の主催試合を観るためには別の有料放送を契約しなければいけません。

広島カープの主催試合を観るには

広島東洋カープの公式戦は以下の有料チャンネルで全試合放送されます。

カープの主催試合はJ SPORTS 独占配信です。
ケーブルテレビならスタンダードなパッケージプランに含まれていることが多いので、ケーブルテレビ契約者なら追加料金不要で観ることができます。

『スカパー!プロ野球セット』より安く観る方法は?

ケーブルテレビ加入者なら最安

すでにケーブルテレビに加入していて契約しているチャンネルパッケージに スカパー!プロ野球セット の12チャンネルが含まれていれば、追加料金なしでプロ野球全試合が視聴できます。

もし12チャンネルがすべて含まれていなくても J SPORTS さえ観れれば、DAZN を契約するだけでプロ野球全試合が視聴できます。

この場合の料金は以下のとおりです。

月額料金 ドコモユーザー ドコモユーザー以外
DAZN 980 円 1,750 円
J SPORTS - -
合計 980 円 1,750 円

スカパー!プロ野球セット(4,075円/月)よりも圧倒的に安く済みます。

ただし、プロ野球視聴だけを目的にしてケーブルテレビを新規契約するのは割り損なのでオススメしません。
お住まいの地域にもよりますが、ケーブルテレビの基本パッケージプランは月額 3,500円 ~ 5,000円 ほどなので、DAZN for docomo の 980円 を追加したとしても スカパー!プロ野球セット より高額になってしまうケースがほとんどです。

Amazonプライム会員ならかなりお得

ケーブルテレビに非加入でも、Amazonプライム会員 ならプライムビデオチャンネルの J SPORTS チャンネル DAZN の2つを契約することで、お得にプロ野球全試合が視聴できます。

プライムビデオの J SPORTS チャンネルでは、広島カープのホームゲームの他にも野球やその他スポーツの中継や特別番組が視聴できます。

この場合の料金は以下のとおりです。

月額料金 ドコモユーザー ドコモユーザー以外
DAZN 980 円 1,750 円
J SPORTS 1,980 円 1,980 円
合計 2,960 円 3,730 円

    これでも スカパー!プロ野球セット(4,075円/月)より安く済みます。

    ただし、Amazonプライム会員の月額料金(500円)を加えた場合は、ドコモユーザー以外だとスカパーより高額になるので注意。
    プロ野球視聴だけを目的にして新たにプライム会員になるのはあまり意味がありません。

    プライム会員になれば、Amazon の配送料が無料になったり、プライムビデオで映画が見放題になったり、Amazon Music で音楽が聴き放題になったりする豪華な特典サービスが受けられます。

    これらの特典を全く利用しないのであれば、次の J SPORTS オンデマンド の利用をオススメします。

    プロ野球しか観ないなら J SPORTS オンデマンド がベストな選択

    ケーブルテレビにも加入しておらず Amazonプライム にも興味がない人なら、DAZNJ SPORTS オンデマンド 野球パック の合わせ技が最安です。

    この場合の料金は以下のとおり。

    月額料金 ドコモユーザー ドコモユーザー以外
    DAZN 980 円 1,750 円
    J SPORTS 1,800 円 1,800 円
    合計 2,780 円 3,550 円

    J SPORTS オンデマンド プロ野球パック は J SPORTS オンデマンド のコンテンツの中からプロ野球だけが観られるプラン。
    広島カープの主催試合を観ることだけが目的ならこれが最良かつ最安の方法です。

    DAZN と組み合わせたことで、プロ野球の他にサッカーJリーグも全試合観ることができ、野球もサッカーも漏れなく楽しみたい人にとっても最も安いベストな選択肢になります。

    DAZN と J SPORTS をテレビで観る方法

    今回の検証で DAZN & J SPORTS の強力タッグに為す術なく完敗したスカパーですが、スカパーには契約チャンネルをテレビだけでなくスマホやパソコンでも観ることができる スカパー オンデマンド を追加料金なしで利用できる強みがあります。

    では逆に、スマホやパソコンでしか観れない DAZN のようなインターネット動画配信サービスをテレビで観るためにはどうすればよいでしょうか。

    DAZN をテレビで観るには?

    DAZN をテレビで観るには、

    • スマートテレビ
    • Amazon Fire TV stick
    • Apple TV
    • Play Station

    などのたくさんの方法があります。

    スマホからミラーリングでテレビに映したり、パソコンとテレビをケーブルでつなぐような力技を使わなくても、簡単にテレビで DAZN のスポーツコンテンツを楽しめます。

    自宅のテレビがスマートテレビで DAZN アプリを内蔵していれば文句はありませんが、そうでなければ Amazon の Fire TV Stick を使うのがオススメの方法です。

    created by Rinker
    Amazon
    ¥4,980 (2020/06/06 18:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

    HDMI 入力端子がついていれば、スマートなテレビじゃなくてもOKです。
    DAZN だけでなく Amazonプライムビデオ や YouTube も楽しめます。

    J SPORTS をテレビで観るには?

    J SPORTS をテレビで観る方法は、配信方式により異なります。

    J SPORTS(CATV)の場合

    当たり前ですが、ケーブルテレビなら J SPORTS をそのままテレビで観れます。

    ただし、この場合は逆にスマホやパソコンで J SPORTS が観れないのが難点です。
    ケーブルテレビ契約者で J SPORTS をスマホやパソコンで観たいときは、各ケーブルテレビ会社のオンライン視聴オプション(有料)を契約するか、J SPORTS プライムビデオチャンネル または J SPORTS オンデマンド を利用しなければいけません。
    いずれの場合も追加料金がかかります

    J SPORTS プライムビデオチャンネル の場合

    J SPORTS プライムビデオチャンネル をテレビで観るには、

    • スマートテレビ
    • Amazon Fire TV stick
    • Apple TV
    • Play Station

    などの Amazonプライムビデオ の公式アプリがインストールできる機器が必要です。
    この中では、Amazon 公式のデバイスである Fire TV Stick が最もオススメのデバイス。

    created by Rinker
    Amazon
    ¥4,980 (2020/06/06 18:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

    HDMI 入力端子さえついていれば、テレビ以外にもモニターやプロジェクターでも使えます。
    Amazonプライム会員なら1台は持っていますよね?

    J SPORTS オンデマンド の場合

    J SPORTS オンデマンド をテレビで観るには、

    • Amazon Fire TV stick
    • Apple TV
    • Google Chromecast

    などの方法があります。
    Chromecast を使ってスマホからテレビへ映像を飛ばすよりは、J SPORTS オンデマンド の公式アプリがインストールできる Fire TV Stick や Apple TV の利用がオススメ。

    Fire TV Stick はプライム会員専用機器だと思われていますが、プライム会員じゃなくても利用可能です。
    DAZN も J SPORTS オンデマンド もこれ1台で観れるので、プロ野球をテレビで観るなら必須のアイテムですね。

    created by Rinker
    Amazon
    ¥4,980 (2020/06/06 18:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

    まとめ

    以上、テレビでプロ野球リーグ戦を全試合観る最安の方法でした。

    DAZN J SPORTS

    この2サービスの契約が、広島カープを含めた全12球団のリーグ戦を試合終了まで視聴することができる最も安い方法です。

    昨年と違い、DAZN でもヤクルトの主催試合が観れるようになったことと、J SPORTS オンデマンド の公式アプリに対応したデバイスが増えたことで、スカパー プロ野球セット を選択するメリットがほとんどなくなってしまいました。
    これも時代の流れですね。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が随分と遅れてしまいましたが、待たされたぶん全力でプロ野球中継を楽しもうじゃありませんか。

    オススメの記事