d払いアプリを複数端末で使う方法

「d払い」とは、お買い物のときにスマホに表示させた バーコード や QRコード を読み取ることで支払いができるドコモのキャッシュレス決済サービスです。
「d払い」アプリがインストールできるスマホなら、おサイフケータイ機能のない SIMフリー機種 や iPhone でも利用できます。

d払い-スマホ決済、チャージ不要!キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済、チャージ不要!キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

この「d払い」アプリが、最新のアップデートで痛恨の改悪をやらかしてしまいました。

d払い の改悪アップデート

セキュリティ強化のため、d払いアプリの最新アップデートにより以下のような仕様が追加されました。

ドコモの回線をお持ちのお客様がd払いアプリの初期設定/お支払方法の変更をご利用になるには、ドコモネットワーク(spモード)での接続が必須になります。

また、複数のドコモのケータイ回線をお持ちのお客様は、dアカウントのご利用申込みをされたドコモ回線(ご利用端末)以外のdアカウントでのログインを制限いたします。

これは『ドコモの回線契約者は spモード の通信ができるドコモのSIMカードを挿したスマホでしかアプリが使えない』ということです。
つまり1台のスマホでしか使えないということになってしまいました。
ドコモの SIMカード が挿さっていないスマホで d払い を使おうとしても、「認証エラー」が出てしまい設定ができません。

このため、2台以上のスマホで同じ dアカウント を設定した「d払い」アプリを使いまわすことができなくなりました。
ドコモの回線契約のない家族のスマホに自分の dアカウント で設定した「d払い」アプリを入れ、ポイントを共有するといった使い方も NG となります。

この痛恨の改悪アップデートには、Google Play のユーザーレビューも大荒れの模様です。

ユーザーレビュー1
ユーザーレビュー2
ユーザーレビュー3
ユーザーレビュー4

通信費の節約のためドコモと格安SIMを併用しているユーザーさんたちは怒り心頭のようですね。

僕も「ドコモメール」と「ドコモ口座」のためにドコモの回線契約を残していますが、普段は格安SIMの IIJmio を使っています。
ドコモユーザーなのに普段使いのスマホで d払い が使えないのは残念ですね。

そこで、ドコモユーザーが2台以上のスマホで d払い を利用する方法を考えました。
ここで紹介する方法なら、

こんな人にオススメ

  • スマホを2台以上持っていて、それぞれのスマホで d払い を使いたい
  • ドコモ以外の家族のスマホでも d払い を使いたい
  • d払い で獲得した dポイント をまとめたり、家族で共有したい

という悩みを解決できますよ。

d払い を複数端末で利用する方法

先ほど「2台以上のスマホで d払い が使えなくなった」といいましたが、実はこれ ドコモ回線契約者だけ の仕様変更です。

d払い に必要な dアカウント は、ドコモの回線契約がなくても作れます。
あとは支払いのための クレジットカード があれば、d払い が利用可能です。

勘のいい方ならもうお気づきですね。

ドコモ回線に紐づけされていない dアカウント を作る

ズバリこれが解決方法です。

ドコモ回線契約者以外の d払い 利用者なら、他社のモバイルネットワークや Wi-Fi でもログインが可能です。

※ ドコモの回線をお持ちでないお客様はこれまで同様、Wi-Fi接続等によりdアカウントでログインいただき、ご利用いただけます。

ドコモ回線と紐づけされていない dアカウント を新たに作って d払いアプリ に登録すれば、ドコモの SIMカード が挿さっていないスマホでも d払い が利用できます。

さらに、今までの dアカウント と新しく作った dアカウント でポイントを共有するため、「ポイント共有グループ」を活用します。

ポイント共有グループ© NTT DOCOMO

今までの dアカウント と 新しく作った dアカウント を共有グループにしておけば、ケータイ代の支払いでもらった dポイント と d払い でもらえる dポイントを合算することができます。

流れを簡単にまとめると

  1. dアカウントを新しく作る
    ※ ドコモのメールアドレス&携帯電話番号は紐づけしない
    ※ アカウント名義を同じにしておくと後で便利
  2. 2台目のスマホに新しく作った dアカウント で d払い アプリを設定
  3. 新しく作った dアカウント と今までの dアカウント を ポイント共有グループ にする

新しい dアカウント のポイント共有グループへの追加はドコモショップじゃないとできません
新しい dアカウント の名義を今までと同じにしておけば、手続きがスムーズになります。
名義が違うと確認作業などが面倒です。

ドコモショップはいつも込み合っているので、事前に来店予約をしていくのがオススメですよ。

注意すること

今回紹介した方法で d払い を利用する場合は、次の3点に注意しましょう。

  1. ケータイ払いが使えない
  2. ドコモ口座からの充当ができない
  3. 利用するたびに本人認証(3Dセキュア)が必要

請求を携帯電話料金と合算する「ケータイ払い」や、ドコモの回線契約者限定のサービス「ドコモ口座」と組み合わせることができません。
登録したクレジットカードからか dポイント での支払いのみになります。

同じ dアカウント で2台以上のスマホに d払い アプリを入れている場合 にのみ発生する問題です。
3Dセキュアが有効になるのは1台だけで、他のスマホで d払い を使うときはその都度、本人認証をし直す必要があります。
この問題は、スマホごとに別々の dアカウント で d払い を利用すれば無視できます。

ちなみに、dアカウント は別々でも支払い用のクレジットカードは同じカードが登録できます
我が家では 3つの dアカウント に1枚の dカード を登録していますが、利用のたびに本人認証を求められることもなく普通に利用できています。

dカード
dカード

年会費:1,250(税別)

※ 年1回のカード利用で翌年の年会費も無料
※ 家族会員の年会費はずっと無料

さらにお得な使い方

前項 の対策のように、1つの dアカウント を使いまわすのではなく、利用するスマホごとに別々の dアカウント を作成しポイント共有グループにまとめてしまいましょう。
こうするとキャンペーンなどでもらえる 特典の dポイント を dアカウント ごとにもらって共有することができます。
登録が面倒ですが、家族で dポイント を貯めているなら効果絶大ですよ。

また、支払い用のクレジットカードを dカードdカード GOLD にしてみましょう。
d払い 利用でもらえる dポイント と、カード決済でもらえる dポイント の2重取りができますよ。

dカード
dカード

年会費:1,250(税別)

※ 年1回のカード利用で翌年の年会費も無料
※ 家族会員の年会費はずっと無料
dカード GOLD
dカード GOLD

年会費:10,000(税別)

※ 家族会員の年会費はずっと無料
※ ドコモのケータイ代が 10% ポイント還元

まとめ

以上、ドコモユーザーが複数端末で d払い を使う方法でした。

手順をまとめると、

  1. dアカウントを新しく作る
  2. 2台目のスマホに新しく作った dアカウント で d払い アプリを設定
  3. ①~② をすべてのスマホで行う
  4. 作ったすべての dアカウント を ポイント共有グループ にする

スマホの2台持ちや、節約のためドコモ回線と格安SIMを併用している人は、ぜひご活用ください。

オススメの記事