DAZN(ダゾーン)が新機能「データセーブ機能」を開始しました。

今回のアップデートにより、モバイルアプリの「その他」の項目に「データセーブ」という新機能が追加されました。このデータセーブ機能をオンにすると、3G/4G/LTE使用時や、テザリングやモバイルなどのWi-Fi使用時、それぞれのパケット通信量を節約でき、よりお手軽にモバイルでスポーツをお楽しみいただけます。デバイスや通信環境によっても異なりますが、データ使用は今までの約7分の1になります。

当ブログでは、過去にDAZNのデータ通信量を計測しています。

このときは、

番組 試合時間 データ通信量 1時間あたり
Jリーグ 約2時間 約800MB 約400MB
プロ野球 約3時間25分 約1.5GB 約440MB

のデータ通信が発生することを確認しました。
新機能では、データ通信量をなんと1/7にまで削減できるとのこと。これなら外出先でサッカーや野球を観まくっても、月々のデータ容量をすぐに使い切ってしまうことがなくなります。

でも、

本当に1/7まで削減できるの?

公式の発表を鵜呑みにしてパケ死したら誰が責任取ってくれるの?

 

という疑問や不安はもちろんあるでしょう。
そこで「データセーブ機能」を使ったときのデータ通信量を、実際に計測してみました。

計測に使ったもの

以前のデータ量計測で使ったものと同じラインナップです。(そうしないと比較にならないもんねw)

1.タブレットパソコン

10インチ画面の標準的なタブレットパソコンです。
割と古い機種ですが、DAZN の視聴にも十分対応できるスペックを有しています。

2.DAZN アプリ

DAZN

DAZN
開発元:DAZN
無料
posted with アプリーチ

データセーブ機能を使うため、最新版に更新しておきます。

3.通信量測定アプリ

通信量モニター

通信量モニター
開発元:Lufesu Inc.
無料
posted with アプリーチ

各アプリごとのデータ使用量が確認できます。
無料で利用できますよ。

計測方法

8月18日のサッカーJ2リーグ「ツエーゲン金沢 vs ファジアーノ岡山」および、8月21日のプロ野球セントラル・リーグ「中日ドラゴンズ vs 阪神タイガース」の2試合を、19:00〜21:00の2時間にわたりそれぞれ計測します。

使用する測定アプリは1時間ごとのデータ使用量がアプリごとに確認できますが、念のため当日は当該試合の観戦以外で DAZN アプリを使わないようにしておきます。

過去2回と同様に、今回も自宅の Wi-Fi を使用しました。

計測結果

Jリーグ

計測開始

計測開始(Jリーグ)

20:00(ハーフタイム)

途中経過(Jリーグ)

計測終了

計測終了(Jリーグ)

2時間で 560 MB1時間当たり 約 280 MB の通信量でした

サッカーJリーグのリーグ戦は 45分ハーフ で行われ、延長戦はありません。
視聴時間は毎試合2時間ほどで、消費するデータ量も毎試合同じくらいになります。

プロ野球

計測開始

計測開始(プロ野球)

20:00

途中経過(プロ野球)

計測終了

計測終了(プロ野球)

2時間で 580 MB1時間当たり 約 290 MB の通信量でした

18:00プレーボールのこの試合は、たまたま21:00になる前に試合が終わってしまいましたが、プロ野球の試合はだいたい3時間から3時間半ほどかかります。
消費するデータ量は1試合当たり 870 MB ~ 1 GB ほどになると思います。

削減効果の比較

Jリーグ プロ野球
データセーブ使用前 400 MB / 時間 440 MB / 時間
データセーブ使用後 280 MB / 時間 290 MB / 時間
削減率 70.0 % 65.9 %

期待していた 1/7 までのデータ削減には遠く及びませんでした。
ただし、

※デバイスや通信環境によっても異なりますが、1時間あたりのデータ使用目安は約450MBになります

というように、公式では1時間あたりのデータ量目安は「約450MB」とうたっています。
今回の結果はむしろ評価できるといえるでしょう。

画質について

データセーブ機能による画質の差も見てみましょう。

データセーブ前 データセーブ後
データセーブ前画像 データセーブ後画像

データセーブ使用時は未使用時に比べて画質の劣化が見られます。
画面サイズが10インチクラスのタブレットPCでは少し気になる画質劣化ですが、スマホの小さい画面で見るぶんにはさほど影響はないと思います。

データセーブ機能の設定方法

最後になりましたが、データセーブ機能を ON にする方法です。

STEP 1

DAZNアプリを開いてマークを押す

データセーブ手順1

STEP 2

データセーブ を選ぶ

データセーブ手順2

STEP 3

  • 3G/4G/LTE の通信量を節約
    モバイルデータ通信時のデータ通信量を節約する
  • Wi-Fiの通信量を節約
    自宅や公共Wi-Fi接続時のデータ通信量を節約する

それぞれデータセーブしたい方(両方でももちろんOK)を (ON)にする

データセーブ手順3

これで完了、簡単でしょ♪

おしまい

オススメの記事