小は大をかねるのだ

3年くらい前に5,000円で買った「DN-MP08H」という小型のメディアプレーヤー。
我が家では車載専用として今でも活躍しています。

安物のくせにまだ現役バリバリよね

ぼく
これはいい買い物だったね

そこで今回は、安くてタフな小型のマルチメディアプレーヤー「DN-MP08H」を紹介します。

DN-MP08H
手のひらサイズのマルチメディアプレーヤー

これ1台で「動画」「音楽」「画像」の再生ができます。
対応する各種フォーマットは以下の通りです。

動画 FLV、AVI、MP4、MPG、MPEG、MPEG1/2/4、RM、RMVB、MKV、MOV HDMOV、M4V、PMP、AVC、VOB、DAT、H.264
音楽 WAV、MP3、WMA、AAC
画像 BMP、TIFF、PNG、GIF、JPEG

動画再生機能が強力で、特に MKVファイルを再生できる のがポイントです。

字幕や複数音声の切り替えが可能な動画ファイルを、H.264規格で高圧縮変換できるMKVファイルなら、500GBのハードディスクに2時間の映画を300本以上保存し本機で再生することができます。
生意気にも レジューム機能を搭載 しているので、動画をみている途中で電源を切っても、また次回は続きからみることができます。

なお、DVD-ISOとかBR-ISOが再生できるとの情報もありますが、僕の持っているDVD-ISOファイルは再生できませんでした。

付属品

「リモコン」「ACアダプタ」「RCAケーブル」「HDMIケーブル」それと英語の「マニュアル」がついています。

リモコン

本体には操作ボタン類が一切ありません。
電源ボタンすらありません。
操作はすべてリモコンで行うことになるので、リモコンが壊れたら終了です。
大切に使いましょう。

ACアダプター

5V2A出力です。
もし壊れても、PSP用充電器と同じ規格なので代用可能です。

created by Rinker
音楽総合商事
¥899 (2019/11/18 19:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

また、2A以上出力のスマホ用充電器とPSP充電用ケーブルの組み合わせでも使用可能です。

created by Rinker
コアウェーブ
¥580 (2019/11/18 19:31:31時点 Amazon調べ-詳細)

ケーブル

RCAは本体側が4極ピンジャックなので、市販のもので代用できない場合があります。(4極ピンジャックに共通規格がないため)
HDMIのほうが実用的ですが、付属のケーブルは品質が悪いので品質のよい市販のケーブルと交換するのをオススメします。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,800 (2019/11/19 07:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

↑ ここまで高価なものでなくてもOKです(笑)

マニュアル

これはなくても問題なし。
相当な機械オンチでないかぎり直感的に操作できます。
というより、機械オンチにはマニュアルが読めても理解できないと思います。

車載してこそ真価を発揮

本体サイズが「80×60×15(mm)」と小さいので、車載して使うのに最適です。
ここでは、一般的なカーナビ搭載車へ本機を接続して使う方法を紹介します。

STEP 1
電源の確保

本機には車載用の電源ケーブルが付属していないのですが、

  • シガーソケット充電アダプタ
  • PSP充電用USBケーブル

の2つを用意すればOKです。

created by Rinker
AUKEY
¥999 (2019/11/18 19:31:32時点 Amazon調べ-詳細)

どちらも5V/2A対応のものを選びましょう。ちなみに、こんなドンピシャな商品を発見しました。

created by Rinker
COMON
¥798 (2019/11/19 07:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

『車よりDC(外径4mm内径1.7mm・出力5v/2A)電源供給ケーブル』『車でPSPの充電ができます』と説明されています。
規格だけ見ればこれ1つで目的が達成できますね。

その他の方法では、「車載インバーターを用意して付属のACアダプターを使う手もありますが、かさばるのでオススメしません。

created by Rinker
BESTEK(ベステック)
¥2,980 (2019/11/19 07:22:07時点 Amazon調べ-詳細)

STEP 2
カーナビにつなぐ

カーナビがHDMI入力に対応していればHDMIケーブルのほうがスッキリしていていいのですが、国内メーカーのナビではあまりお目にかかれません。RCAケーブルを使うほうが無難です。車載モニターのサイズはせいぜい10インチ程度なので、画質はそれほど気にしなくてOKです。
外部入力とか「AUX」とか表記されているところに接続しましょう。

STEP 3
コンテンツを用意する

まず「動画」「音楽」「画像」を対応フォーマットで用意します。
「SDカード」「USBメモリー」「外付けHDD」が使用可能なので、これらに保存して本機に接続しましょう。

注意すること

本体前面のリモコン感光部を塞がないように設置しましょう。
グローブボックス内なんかに入れてしまうと操作不能です。
これだけ気をつければOK。

まとめ

以上、手のひらサイズのマルチメディアプレーヤー「DN-MP08H」の紹介でした。

このメディアプレーヤーは、とにかく車載して使うことで最大限のパフォーマンスを発揮します。
動画を再生すれば、薄暗い車内とカーステの音響のおかげでミニシアター感が出ます。
長距離ドライブでも子供が飽きちゃうことがありません。

エンジンに連動して勝手に電源が ON/OFF してくれますし、レジューム機能もちゃんと働いてくれるのが立派です。

なによりタフで、炎天下で車内が高温になっても壊れることなく使えています。
使用中に本体の温度がかなり熱くなることがありますが、それでも動きます。

もちろん自宅のテレビにつないでも使えるので、手持ちのプレーヤーが故障したときの予備として1台あると便利です。

オススメの記事