ドコモが新料金プランを発表しました。
ネット使い放題で 月額 4,980 円 の『ギガホ』と、ネットを使った分だけ料金を払う 月額 1,980 円~ の『ギガライト』です。

どちらも今までの料金より安くなっているように見えますが、はたしてこれで 格安SIM の低料金に対抗できるのでしょうか。
それぞれ同じような料金プランの 格安SIM と比較してみました。

ギガホ vs 格安SIM

まずは、ネット使い放題で 4,980円/月 の『ギガホ』と 格安SIM の比較です。

ギガホ

月額: 4,980

音声通話・データ通信・プロバイダー利用料(spモード)がセットになった料金プランです。

音声通話つきでデータ通信を無制限で利用できます。
データ通信は月々 30GB までは高速データ通信、30GB を超えると 1Mbps の中速データ通信になります。

実は、月額 4,980 円 というのは各種割引サービスを使って値引きをした金額です。

  • 2年間の定期契約(2年縛り)
    -1,500 円/月
  • みんなドコモ割り(家族3人以上がドコモ)
    -1,000 円/月
  • ギガホ割
    -1,000 円/月(最大6ヶ月間)

その他にも、

  • ドコモ光セット割(家族のだれかがドコモ光を契約)
    -1,000 円/月
  • はじめてスマホ割(初めてドコモのスマホを使う)
    -1,000 円/月(最大6ヶ月)

という割引があり、すべて適用すると 月額 2,980 円 にすることも可能です。
逆に、割引きがなければ 月額 8,480 円 になります。

この ギガホ と比較する 格安SIM は

  • U-mobile
    LTE使い放題2+通話プラスプラン
  • DTI SIM
    ネットつかい放題プラン
  • UQ モバイル
    データ無制限+音声通話プラン

の3つです。
どれも「データ通信が使い放題」で「音声通話」ができる ギガホ と同じようなプラン内容です。

この3つの 格安SIM を、それぞれ

  1. 1人で使った場合
  2. 家族3人で使った場合

で比較します。

vs U-mobile LTE使い放題2

月額: 2,730

U-mobile の『LTE使い放題2+通話プラスプラン』は、音声通話つきで 月額 2,730 円 の激安料金です。
高速データ通信を無制限で利用できます。

最低利用期間は1年間(1年縛り)です。
途中解約すると、最大 9,500 円の違約金がかかります。
最低利用期間が6ヶ月の「LTE使い放題」もあり、こちらは音声通話つきで 月額 2,980 円 です。
これでも十分安いですね。

ギガホ との比較結果はこちらです。

1人で使った場合

月額料金(円) ギガホ U-mobile
~6ヶ月
(差額)
5,980
(+3,250)
2,730
(-3,250)
7ヶ月~
(差額)
6,980
(+4,250)
2,730
(-4,250)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500
速度制限 30GB までなし あり

家族3人で使った場合

月額料金(円) ギガホ U-mobile
~6ヶ月
(差額)
14,940
(+6,750)
8,190
(-6,750)
7ヶ月~
(差額)
17,940
(+9,750)
8,190
(-9,750)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500
速度制限 30GB までなし あり

1人で使った場合は、U-mobile のほうが 3,250 円/月 も安いです。
U-mobile がもう1回線使えてしまいますね。
しかも6ヶ月後には「ギガホ割」が終了するので、料金差は 4,250 円/月 になってしまいます。

3人で使った場合は「みんなドコモ割り」が効くとはいえ、U-mobile のほうが1人あたり 2,250 円/月 も安いです。
6ヶ月後に「ギガホ割」が終了すると、料金差は1人あたり 3,250 円/月 に広がってしまいます。

これだけの差があると、「ドコモ光セット割」と「はじめてスマホ割」を適用させてもまだ U-mobile のほうが安いです。
料金の面では U-mobile に完全に軍配が上がります。

さらに、ギガホ が2年縛りなのに対し U-mobile の縛り期間は1年です。
最低利用期間の縛りも U-mobile のほうが柔軟だといえます。

ギガホ が勝っている点は通信速度です。
お昼休みや夕方の通信ラッシュ時には、U-mobile のような 格安SIM ではストレスを感じるほど通信速度が落ちます。
また、30GB まで速度制限なしの ギガホ に対し、U-mobile では短期間に大量のデータ通信を行うと速度制限されます。
モバイルデータ通信で動画を観まくるようなヘビーユーザーには、ギガホ のほうが向いているといえます。

 

vs DTI SIM ネットつかい放題

月額: 2,900

DTI SIM の『ネットつかい放題』なら、音声通話プランで 月額 2,900 円 の格安料金です。

最低利用期間は1年間(1年縛り)です。
途中解約すると、9,800 円の違約金がかかります。

ギガホ と比較するとこうなります。

1人で使った場合

月額料金(円) ギガホ DTI SIM
~6ヶ月
(差額)
5,980
(+3,080)
2,900
(-3,080)
7ヶ月~
(差額)
6,980
(+4,080)
2,900
(-4,080)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,800
速度制限 30GB までなし あり

家族3人で使った場合

月額料金(円) ギガホ DTI SIM
~6ヶ月
(差額)
14,940
(+6,240)
8,700
(-6,240)
7ヶ月~
(差額)
17,940
(+9,240)
8,700
(-9,240)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,800
速度制限 30GB までなし あり

1人で使った場合は、DTI SIM のほうが 3,080 円/月 も安いです。
浮いたお金で DTI SIM がもう1回線使えてしまいますね。
6ヶ月後には「ギガホ割」が終了するので、料金差は 4,080 円/月 に開いてしまいます。

家族3人で使って「みんなドコモ割り」を適用しても、まだ DTI SIM のほうが1人あたり 2,080 円/月 も安いです。
6ヶ月後に「ギガホ割」が終了すると、料金差は1人あたり 3,080 円/月 に広がります。

この料金差では、「ドコモ光セット割」と「はじめてスマホ割」が適用できても DTI SIM のほうが低料金です。
料金の面では DTI SIM のほうが勝っています。

さらに、ギガホ が2年縛りなのに対し DTI SIM の縛り期間は1年です。
最低利用期間の縛りも U-mobile のほうが柔軟だといえます。

ギガホ が勝っている点は通信速度です。
格安SIM の DTI SIM では、お昼休みや夕方の通信ラッシュ時にはストレスを感じるほど通信速度が落ちます。
また、DTI SIM では通信量が他の利用者の平均を大きく超えるときに速度制限されます。
1日に 3GB 以上使うと 通信速度が 200kbps 以下の低速通信に制限されるようです。
データ通信を毎日 3GB 以上使うようなヘビーユーザーには、ギガホ のほうが向いているでしょう。

 

vs UQ モバイル データ無制限

月額: 2,680

UQモバイル の『データ無制限+音声通話プラン』なら、月額 2,680 円 の爆安料金です。
ただし、データ通信は 500kbps の中速になります。

最低利用期間は1年間(1年縛り)です。
途中解約すると、9,500 円の違約金がかかります。

ギガホ と比較した結果がこちらです。

1人で使った場合

月額料金(円) ギガホ UQ モバイル
~6ヶ月
(差額)
5,980
(+3,300)
2,680
(-3,300)
7ヶ月~
(差額)
6,980
(+4,300)
2,680
(-4,300)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500
速度制限 30GB までなし あり

家族3人で使った場合

月額料金(円) ギガホ UQ モバイル
~6ヶ月
(差額)
14,940
(+6,900)
8,040
(-6,900)
7ヶ月~
(差額)
17,940
(+9,900)
8,040
(-9,900)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500
速度制限 30GB までなし あり

1人で使った場合、UQ モバイル のほうが 3,300 円/月 も安いです。
さらに6ヶ月後には「ギガホ割」が終了し、その差は 4,300 円/月 まで開いてしまいます。

家族3人で使って「みんなドコモ割り」を適用しても、UQ モバイル のほうが1人あたり 2,300 円/月 も安いです。
6ヶ月後に「ギガホ割」が終了してしまうと、1人あたり 3,300 円/月 の料金差になります。
1ヶ月あたり約1万円の差はかなり大きいですね。

ここまで料金差が開くと、「ドコモ光セット割」と「はじめてスマホ割」が適用できても UQ モバイル のほうが圧倒的に安いです。
料金の面では UQ モバイル の圧勝です。

さらに、ギガホ が2年縛りなのに対し UQ モバイル の縛り期間は1年です。
最低利用期間の縛りに関しても、UQ モバイル のほうが良心的だといえます。

ギガホ が勝っている点は通信速度です。
UQ モバイル の通信速度は 500kbps の中速で、ギガホ の 30GB を超えてからの 1Mbps よりも遅いです。
これは動画がギリギリ観れるくらいの速度で、データ量の大きいファイルのダウンロードには不向きです。
また、UQ モバイル は3日で 6GB 以上のデータ通信を行うと速度制限されます。
データ通信を毎日 2GB 以上使うようなヘビーユーザーには、ギガホ のほうが向いています。

 

ギガライト vs 格安SIM

続いて、月額 1,980 円 からネットを使った分だけ料金を払える『ギガライト』と 格安SIM を比較します。

ギガライト

月額: 1,980 円~

音声通話・データ通信・プロバイダー利用料(spモード)がセットになっています。

1GB ~ 7GB の間の4段階に分けられ、7GB を超えると 128kbps の低速データ通信になります。

ギガライト の 月額 1,980 円~ というのも各種割引サービスを使って値引きをした金額です。

  • 2年間の定期契約(2年縛り)
    -1,500 円/月
  • みんなドコモ割り(家族3人以上がドコモ)
    -1,000 円/月

その他にも、

  • ドコモ光セット割(家族のだれかがドコモ光を契約
    -500 ~ -1,000 円/月 ※利用データ量により変わる
  • はじめてスマホ割(初めてドコモのスマホを使う)
    -1,000 円/月(最大6ヶ月)

という割引があり、すべて適用すると 月額 980 円~ にすることも可能です。
逆に、割引きがなければ 月額 4,480 円 になります。

この ギガライト と比較する 格安SIM は

  • エキサイトモバイル
    最適料金プラン+音声通話オプション
  • b-mobile
    990ジャストフィットSIM

の2つです。
従量課金制(使った分だけ料金を払う)の 格安SIM は少ないんですね。

この2つの 格安SIM を、それぞれ

  1. 1人で使った場合
  2. 家族3人で使った場合

で比較します。

vs excite(エキサイト)モバイル 最適料金プラン

月額: 1,330 円~

エキサイトモバイル の『最適料金プラン』は、月額 630 円 から使える従量課金制の 格安SIM です。

月額 700 円 をプラスして、音声通話機能をつけることができます。

最低利用期間は1年間(1年縛り)で、途中解約すると 9,500 円の違約金がかかります。

エキサイトモバイルの 最適料金プラン は、1GB ごとに料金が変わります。
ここでは ギガライト に合わせて、1GB/3GB/5GB/7GB を使った場合で比較します。

1人で使った場合

月額料金(円) ギガライト エキサイト
モバイル
~1GB
(差額)
2,980
(+1,620)
1,360
(-1,620)
~3GB
(差額)
3,980
(+2,400)
1,580
(-2,400)
~5GB
(差額)
4,980
(+2,830)
2,150
(-2,830)
~7GB
(差額)
5,980
(+3,380)
2,600
(-3,380)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500

家族3人で使った場合

月額料金(円) ギガライト エキサイト
モバイル
~1GB
(差額)
5,940
(+1,860)
4,080
(-1,860)
~3GB
(差額)
8,940
(+4,200)
4,740
(-4,200)
~5GB
(差額)
11,940
(+5,490)
6,450
(-5,490)
~7GB
(差額)
14,940
(+7,140)
7,800
(-7,140)
最低利用期間 24ヶ月 12ヶ月
違約金 9,800 9,500

1人で使った場合も家族3人で使った場合も、使用したデータ量にかかわらず エキサイトモバイル のほうが安いです。
しかも、差額はデータ量が増えるほど大きくなります。

ここまで料金差が大きいと、「ドコモ光セット割」と「はじめてスマホ割」が適用できても エキサイトモバイル のほうが安いです。
料金の面では エキサイトモバイル の圧勝といえます。

さらに、ギガライト が2年縛りなのに対し エキサイトモバイル の縛り期間は1年です。
最低利用期間の縛りに関しても、エキサイトモバイル のほうが柔軟です。

使える通信量でも エキサイトモバイル に軍配があがります。
ギガライト が 7GB で速度制限がかかるのに対し、エキサイトモバイル は 10GB まで使えます。
10GB まで使っても ギガライト の上限額 5,980 円 より安いです。

エキサイトモバイル料金表

表:エキサイトモバイルHPより

また、エキサイトモバイル にはデータ量をSIMカード3枚で分け合う「3枚コース」があります。
3枚の合計が 15GB までなら、1枚ずつ契約するよりさらに料金が安くなり、ギガライト を圧倒してしまいます。

ただし、通信速度なら ギガライト にも勝機が見えます。
エキサイトモバイル に限らず、格安SIM ではお昼休みや夕方の通信ラッシュ時には、ストレスを感じるほど通信速度が落ちます。
ギガライト でも全く速度が落ちないということはありませんが、格安SIM ほどのストレスを感じることはないでしょう。

 

vs b-mobile 990ジャストフィットSIM

月額: 990 円~

b-mobileの『990ジャストフィットSIM』は、音声通話つきで 月額 900 円 から使える従量課金制の 格安SIM です。

利用できる回線は、ドコモかソフトバンクのどちらかを選べます。

最低利用期間は5ヶ月間で、途中解約すると 8,000 円 の違約金がかかります。

b-mobile の 990ジャストフィットSIM は、1GB/3GB/6GB/10GB/15GB の5段階で料金が変わります。
データ量の区切りが ギガライト と違うので単純な比較は難しいですが、ここでは 1GB/3GB/6GB/10GB を使った場合で比較します。

また、 990ジャストフィットSIM は、ドコモ回線とソフトバンク回線とで料金が違います。
ドコモの ギガライト と比較するので、ドコモ回線の料金で考えます。

1人で使った場合

月額料金(円) ギガライト b-mobile
~1GB
(差額)
2,980
(+2,080)
900
(-2,080)
~3GB
(差額)
3,980
(+2,690)
1,290
(-2,690)
~5GB
(差額)
4,980
(+3,190)
(6GB) 1,790
(-3,190)
~7GB
(差額)
5,980
(+3,390)
(10GB) 2,590
(-3,390)
最低利用期間 24ヶ月 5ヶ月
違約金 9,800 8,000

家族3人で使った場合

月額料金(円) ギガライト b-mobile
~1GB
(差額)
5,940
(+3,240)
2,700
(-3,240)
~3GB
(差額)
8,940
(+5,070)
3,870
(-5,070)
~5GB
(差額)
11,940
(+6,570)
(6GB) 5,370
(-6,570)
~7GB
(差額)
14,940
(+7,240)
(10GB) 7,700
(-7,240)
最低利用期間 24ヶ月 5ヶ月
違約金 9,800 8,000

1人で使った場合も家族3人で使った場合も、使用したデータ量にかかわらず b-mobile のほうが安いです。
特に b-mobile で 10GB 使ったときの料金は、ギガライト で 7GB 使ったときの半分以下です。

これではもう「ドコモ光セット割」と「はじめてスマホ割」を適用しても、料金差を逆転することはできません。
料金の面では b-mobile の圧勝です。

さらに、ギガライト が2年縛りなのに対し b-mobile の縛り期間はわずかに5ヶ月です。
最低利用期間の縛りに関しても、b-mobile のほうが良心的です。

ギガライト が勝っているのは通信速度です。
格安SIM の b-mobile では、お昼休みや夕方の通信ラッシュ時にはストレスを感じるほど通信速度が落ちます。
これは 格安SIM の宿命と言っていいでしょう。

ただしデータ通信量の上限をみると、ギガライト の 7GB に対し b-mobile は 15GB まで使えます。
しかも 15GB まで使っても 3,590 円/月 なので、ギガライト の上限額 5,980 円 よりかなり安いです。
通信速度では劣っても、使える通信量では b-mobile の圧勝といえます。

 

まとめ

以上、ドコモの新料金プラン『ギガホ』&『ギガライト』と 格安SIM との比較でした。
ここで、すべての対戦結果をまとめます。

ドコモ新料金 条件 勝敗 格安SIM プラン
ギガホ 1人で使う U-mobile LTE使い放題2
+通話プラスプラン
ギガホ 家族3人で使う U-mobile LTE使い放題2
+通話プラスプラン
ギガホ 1人で使う DTI SIM ネットつかい放題
ギガホ 家族3人で使う DTI SIM ネットつかい放題
ギガホ 1人で使う UQ mobile データ無制限
+音声通話プラン
ギガホ 家族3人で使う UQ mobile データ無制限
+音声通話プラン
ギガライト 1人で使う excite モバイル 最適料金プラン
+音声通話オプション
ギガライト 家族3人で使う excite モバイル 最適料金プラン
+音声通話オプション
ギガライト 1人で使う b-mobile 990ジャストフィットSIM
ギガライト 家族3人で使う b-mobile 990ジャストフィットSIM

残念ながら、ドコモの新料金プランは全敗となってしまいました。
いくら安くなったといっても、料金の面ではまだまだ 格安SIM には太刀打ちできないようです。

ドコモの料金をもっと安く!

オンラインショップなら余計なオプションや頭金が不要

 

ドコモのスマホ料金が10%ポイント還元

 

オススメの記事