ドコモのケータイプランに機種変更しないで契約変更する

ドコモの新料金プランには、主力プランのギガホやギガライトのほかに「ケータイプラン」という料金プランがあります。

この記事では、できるだけ費用をかけずにドコモの「ケータイプラン」に契約変更する方法を紹介します。

ドコモの新料金「ケータイプラン」とは

ケータイプラン はドコモのガラホ(スマホの機能が少しだけ使えるガラケー)向けの料金プランです。

ケータイプランの料金とデータ容量
月額料金 1,200 (税抜)
データ容量 100MB / 月

月額料金の 1,200円 には通常だと別途かかるspモード利用料金(月額300円)も含まれています。
ガラホ向けのプランなので月々のデータ容量は 100MB と非常に少ないですが、LTEの高速通信が可能です。

ぼく
通話もデータ通信もできるプランではドコモで最安だよ

 

ケータイプランならスマホ料金が節約できる

このケータイプラン、ドコモは明確に公表していませんが、iPhone を含むドコモやSIMフリーのスマホでも使えることが判明しています。
しかも、スマホで使っても料金は変わらず 月額1,200円 です。

でも、スマホで使うのに100メガじゃ足りなくない?

確かにスマホで使うには月々たった100MBのデータ容量では少なすぎますね。
でも、勘のいい人ならお気づきのはず。

デュアルSIMスマホの通話専用回線として使う

これが ケータイプラン をスマホで使う本当の理由です。
つまり、デュアルSIMスマホに

  1. 料金が安い格安SIMのデータ通信専用SIMカード
  2. ドコモのケータイプランのSIMカード

の2枚を挿すことで、ドコモの割高なデータ通信料金を格安SIMの安いデータ通信料金に置き換えることができます。

それなら初めから格安SIMに乗り換えちゃえばよくない?

確かに料金を安くするだけなら格安SIMにMNP転出して乗り換えてしまったほうが手っ取り早くて簡単です。
しかし、ドコモのケータイプランを使うことでドコモの回線契約を残すことができます。
ここに、大きなメリットがあります。

ドコモの回線契約を残すことで、

  • ドコモのメールアドレスを使える
  • ドコモ口座などの回線契約者限定サービスが利用できる
  • Amazon で携帯料金合算払いが利用できる
  • dアカウントの2段階認証にSMS認証が使える

のように、ドコモの回線契約がないと使えないサービスや機能を引き続き利用することができます。

僕はスポーツ観戦のために DAZN(ダゾーン)を契約しています。
ドコモの回線契約者なら DAZN for docomo が利用でき、月額980円でDAZNの豊富なスポーツコンテンツが見放題になります。

DAZN for docomo

DAZN の通常の視聴料金は月額1,750円なので4割以上安くなることになります。
もうこれだけでドコモの回線を残す意義があると言っても過言ではありません。
(個人の意見です)

ちなみにドコモの動画配信サービス「dTV(月額500円)」と DAZN for docomo を両方契約すると、さらに割引されて、2サービス合わせて 1,280円 で利用できます。
(個人の意見ではなく公式の情報です)

ケータイプランを端末購入なしで契約する方法

ドコモが明確に公表している案内では、ケータイプランを契約するには新規契約か指定のガラホへの機種変更をするしかありません。
スマホほどではないにせよ、安くても2万円以上する新品のガラホを使いもしないのに買わなければいけないので経済的には痛いです。

しかし、こんな裏技があります。

ドコモショップへ指定のガラホを持ち込めばケータイプランへ契約変更できる

以前、XiからFOMAバリュープランへの契約変更の記事でも使った『必殺!端末持ち込み』がケータイプランにも有効でした。

ケータイプラン指定の機種を中古で購入したり知り合いから借りたりしてドコモショップに持ち込めば、新品のガラホを購入することなくケータイプランへの契約変更が可能です。

用意するガラホの機種は、中古での価格も安い P-01J(2016年発売)がオススメです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥28,800 (2020/10/25 14:08:08時点 Amazon調べ-詳細)

契約時に動作確認などはされない(ドコモの機種なので必要ない)ので、状態の悪いジャンク品でもOK!

ガラホが用意できたらドコモショップへ行き

ケータイプランに端末持ち込みで契約変更したいです

と、はっきり伝えましょう。

無事に契約変更ができたら、手に入れた中古のガラホはお役御免。
中古品を購入していたならさっさと売り払ってしまいましょう。
少しでもお金が返ってくるかもしれませんよ。

【追記】契約約款(提供条件書)にそれっぽい文言が加わりました

2019年10月の料金規定マイナーチェンジ後、以下の文を契約約款(提供条件書)に確認できました。

申込時に指定デバイスの購入を伴う場合、ドコモ販売店(ドコモオンラインショップ含む)における直近の購入端末(ドコモに登録されている最新購入端末)が指定デバイスである場合、またはご契約時に指定デバイスをご利用中であることを確認できた場合は、対象の料金プランをお申込みいただけます

指定端末を持っていれ(使っていると言い張れ)ばケータイプランへの申込みが可能であると解釈できます。
ドコモとしては端末も買わずに最安プランへ契約変更されるのは面白くないので、あらゆる手を使って阻止してくるでしょうが、そのときはこの提供条件書を盾にすればよいのです。

まとめ

以上、ドコモの最安料金プラン「ケータイプラン」へ機種変更せずに契約変更する方法でした。

ドコモの回線契約者だけが利用できるサービスにはお得で優良なサービスが多いです。
ドコモの回線契約は残したいけども月々のスマホ料金は節約したいとお悩みの方は、デュアルSIMスマホとケータイプランを使った節約術をぜひお試しください。

オススメの記事