2015年12月にNTTドコモのポイントサービスがリニューアルしました。
それまでの「ドコモポイント」から「dポイント」に名前が変わっただけでなく、ドコモのケータイ電話を持っていない人でもポイントをためて、そして使えるようになりました。

最近では、ローソンやマクドナルドのようなメジャーなお店でも使えます 。
Tポイント に比べればまだまだ知名度は低い dポイント ですが、実は数あるポイントサービスの中でもかなり 貯まりやすい ポイントなのをご存知ですか?

この記事では、実はすごく貯まりやすい dポイント をさらにお得にガッツリためる方法を紹介します。

まずは「dカード」を作る

dカード とは年会費無料のドコモのクレジットカードです。
クレジット機能のほか、電子マネー「iD」と「dポイントカード」機能が一体になったカードです。
ドコモの回線契約がなくても審査さえ通れば誰でも持つことができます。

ポイント還元率は 1% 。dカードでの支払い 100円 につき 1ポイント もらえます。
さらに、ローソンやマクドナルドなどの dポイント取り扱い店 ではカードを提示するだけで 1% のポイントが付与されます。
カード決済の付与分とあわせて 2% もらえてしまうんですね。

また「dカード特約店」でカード決済すると、通常 1% の還元率が 2%~5% になります。
例えば ENEOS でガソリンを入れた場合、還元率が 2% になります。
Tポイント(200円で1ポイント)でためるより 4倍 もお得といえますね。

ドコモユーザーなら「dカードGOLD」が断然オススメです。

年会費は1万円もしますが、カード保有特典でドコモのケータイ料金に 10% の dポイント がつきます。
もし月々のケータイ料金を 9,000円 以上払っているなら、この 10% の dポイント で年会費1万円分の元がとれてしまいます。

dケータイ払い+ の使えるサイトで買い物する

「dケータイ払い」とは支払い代金をドコモのケータイ料金に合算できるサービスのこと。つまり、ドコモの回線契約がないと使えない サービスです。

ところが、これが「dケータイ払い+(プラス)」だとドコモの回線契約不要。
dアカウントとdカードやその他のクレジットカードを持っていれば使えるサービスです。

この「dケータイ払い+」は大変お得なキャンペーンを行うことがあります。
過去には 2016年8月と 2016年12月~2017年1月に「ポイント最大20倍」という大盤振る舞いのキャンペーンを行っていました。
この驚愕のキャンペーンは、ボーナス商戦に合わせて今後も行われる可能性が高いです。

お知らせ

2018年から、dケータイ払い は「ドコモ払い」に、dケータイ払い+(プラス)「d払い」に名称が変更されました

dカード ポイントUPモール を有効利用する

dカード ポイントUPモール はドコモのポイントサイトです。
このサイトを経由してお買い物をし、dカードで決済すれば通常のポイントの 1.5~10.5倍 のポイントが手に入ります。

Amazon や 楽天市場 などの大手ショッピングサイトも名を連ねていますよ。
これらのサイトでお買い物をするときは忘れずに dカード ポイントUPモール を経由しましょう。

その他のクレジットカードも併用する

「dケータイ払い+」や「dカード ポイントUPモール」が使えないサイトで買い物するために、dカード以外のクレジットカードも利用します。
獲得したポイントを「dポイント」に交換でき、さらにポイント還元率が高いオススメのカードがコチラです。

Orico Card THE POINT

オリコカード
THE POINT
Orico Card THE POINT
年会費:無料

年会費無料の「オリコカード」はテレビCMでもお馴染みですね。

オリコカードのポイント還元率は 1% ですが、入会後6か月間は 2% の還元率になります。
また、「オリコモール」というポイントサイトを経由すると、0.5~15% ポイント が加算されます。

さらに「オリコ THE POINT」特別加算が0.5%、年会費 1,950円の THE POINT PREMIUM GOLD なら特別加算は1%です。

例えば、オリコモール経由でAmazonで1万円の買い物をした場合、

  • カード決済(1%)= 100ポイント
  • オリコモール経由(0.5%)= 50ポイント
  • オリコ THE POINT 特別加算(0.5%)= 50ポイント

の合計 200ポイントつきます。
入会後6か月間はさらに+100ポイント、THE POINT PUREMIUM GOLD 会員なら+50ポイントです。

オリコカードで獲得できる「オリコポイント」は dポイント と等価交換できるので、ムダなく dポイント を増やすことができます。

リクルートカード

リクルートカード
リクルートカード
年会費:無料

リクルートカードのポイント還元率は 1.2% です。
オリコカードの 2% 還元は最初の6ヶ月間だけなので、長い目でみれば リクルートカード のほうがお得 です。

リクルートが運営する「ポンパレモール」や「じゃらん」などのサービスを利用すると、さらにポイントが上乗せされます。

リクルートカードの利用でたまる「リクルートポイント」は「dポイント」には直接交換できません。
ただし「Pontaポイント」には等価交換できるので、

「リクルートポイント」→「Pontaポイント」→「dポイント」

と交換することが可能です。

まとめ

それでは、ここまでの情報をまとめてみましょう。

  1. dケータイ払い+のキャンペーン中なら積極的にdケータイ払い+で支払う
  2. そのとき、可能であれば「dカード ポイントUPモール」を経由する
  3. 1.2.の対象外で、オリコモール対象のサイトでの買い物では「Orico Card THE POINT」で支払う
  4. 3.も対象外のサイトでは「リクルートカード」で支払う
    入会6ヶ月以内であれば Orico Card THE POINT で支払ったほうが得になることがあります
  5. 実店舗での買い物で、dカード特約店なら「dカード」で支払う
  6. 5.以外のお店なら「Orico Card THE POINT」や「リクルートカード」で支払う
    入会6ヶ月以内であれば Orico Card THE POINT で、それ以降は リクルートカード で支払います

ちょっとメンドクサイですが、これで dポイント をお得にガッツリ貯められますよ。
う~ん、セコイっ!

オススメの記事