無料?割引?『dTV 』を最安料金で観る方法
注 意
この記事では dTV の無料期間を繰り返し利用する方法を一部取り扱っていますが、これは不正行為を推奨するものではありません。
また、記事の内容を利用して発生したトラブルや損失・損害等につきまして、当ブログならびに筆者は一切の責任を負いません。
あらかじめご留意ください。

映画やアニメやドラマなど12万作品以上の動画が、月額たったの 500円(税抜)で見放題なのが dTV (ディーティーヴィー)
ワンコインで動画が見放題になってしまうサービスなんて、dTV と Amazon プライムビデオ くらいしかありません。

そんなもともと料金が安い dTV をさらに安く観る方法があるんです。

dTV は31日間無料で見放題

dTV に申し込んで最初の31日間は割引、というかタダで観れてしまいます。
これには特に難しいテクニックは要らなくて、dTV のホームページの 31日間無料おためし ボタンから新規登録すれば勝手に無料になります。

でも新規会員登録じゃないと無料にならないので要注意。
いま dTV を利用している人はもちろん、過去に dTV を利用したことがある人も無料にならないから気をつけてください。

dTV 無料おためしのしかた

  1. dアカウントを作る
    dTV の登録には dアカウント(無料)が必要です。

    ドコモユーザーや dポイント を貯めてる人なら最低1つは dアカウント を持っているはず。
    dアカウント を持っている人は、新しく作る必要はありません

  2. dTV に新規登録
    dTV 公式ページから登録します。

    dTV 公式サイトへ☆ 初回31日間無料 ☆
    「31日間無料おためし」をクリックします。
    「次へ進む」をクリックします。
    カード番号・有効期限・セキュリティコード を入力し「確認画面へ」をクリックします。
    [利用規約/注意事項/パーソナルデータの取扱いに同意する] にチェックし「申込みを完了する」をクリックします。
  3. 登録完了
    スマホやタブレットのアプリ、パソコンのブラウザ、スマートテレビでログインして dTV を楽しんでください。

 

dTV は割引料金で観れる

31日間の無料おためし期間が終わると月額 500円(税抜)が課金されますが、無料期間後も割引料金で観続ける方法があります。

dTVチャンネル とセットで 300円 割引

dTV と名前が似ている dTVチャンネル は、テレビのようにリアルタイムで番組が流れ続けるタイプの動画配信サービスです。
料金は月額 780円(税抜)です。

dTV と dTVチャンネル をセットで契約すると、料金の合計から 300円も割引き してもらえます。
2つあわせて月額 980円(税抜)で観れてしまうんですね。

難しい手続きは必要なく、dTV と同じ dアカウント で dTVチャンネル に申し込むだけで勝手に割り引いてくれます。

DAZN for docomo とセットで 200円 割引

DAZN(ダゾーン)はスポーツ専門の動画配信サービス。
プロ野球やJリーグのほかにもメジャーリーグや海外サッカーなどいろいろな競技が月額1,750円(税抜)で見放題になります。

DAZN と同じ料金で同じ番組が観れる DAZN for docomo と dTV をセットで契約すると、料金の合計から 200円割引き になり、2つあわせて月額 2,050円(税抜)で観れてしまいます。

低料金でたくさんのスポーツ中継が観れる DAZN は超人気のサービスです。
もし dTV と DAZN の両方を観たいなら、DAZN for docomo から申し込まないと損ですよ。

dTVチャンネル + DAZN とセットで 500円 割引

dTVチャンネル(300円割引き)と DAZN for docomo(200円割引き)の両方を契約したら…

なんと、どちらの割引きも適用されて 500円割引 になります。
dTV が実質無料になってしまうなんて、なんとも太っ腹ですね。

リセットマラソンはできる?

リセットマラソン(reset marathon)とは、主にソーシャルゲームにおいて、ソフトのインストールとアンインストールを何度も繰り返すこと、及びそれにより自分が目的とするアイテムの入手する方法のことである。
省略してリセマラと呼ぶこともある。
残念ながら、現状では dTV 単体契約での割引きはありません。
そこで、無料お試し期間を何度も繰り返すリセットマラソンが可能かどうかをこっそり確認してみました。
結論からいうと「メンドクサイけど可能」です。

まず、dTV を観るためには dアカウント が必要です。
dアカウント を作るためには、メールアドレスや生年月日などの情報を入力しなければいけないので、まあまあ面倒な作業です。
メールアドレスはワンクリックで作成できる「メルアドぽいぽい」が使えるので多少の手間は省けます。

次に問題になるのが支払い方法です。
dTV の料金の支払い方法は、「クレジットカード」「デビットカード」「ドコモのキャリア決済(ケータイ払い)」の3種類だけで、どれも銀行口座が必要になる支払い方法です。
dTV では一度登録したカード情報は記憶されているので、1枚のカードを複数の dアカウント で使い回しても同じユーザーとして認識されてしまいます。
クレジットカードやデビットカードを何枚も作るのは現実的ではないですよね。

ちなみに、口座がなくても作れるネット専用のプリペイドカードの「Vプリカ」では登録できませんでした。
ジャパンネット銀行のカードレスVISAデビットなら登録ができましたが、Vプリカと同じように今後は使えなくなってしまう可能性はとても高いです。

カード番号の初めの4桁でカードの種類がわかるんだって

じゃあ動画配信サービスが使えないカードを増やすのは簡単なのね

カードの使い回しができなくて、さらに簡単に何枚も作れる「Vプリカ」みたいなカードも使えなくなったら、リセットマラソンするのにはかなりハードルが高いです。

よい子はお金を払って観ようねってことですね。

\初回31日間は無料で見放題/

まとめ

以上、ただでさえ安い dTV をさらに安く観る方法を紹介しました。

dTV には初回31日間の無料おためし期間があるので、初めて dTV を利用する人は 31日間無料おためし ボタンから登録しましょう。

\初回31日間は無料で見放題/

オススメの記事