全国のAmazonプライム会員のみなさん、ご機嫌いかがでしょうか。
こんなセコい裏ワザ紹介ブログをご覧になっている会員の方なら、きっと年会費3,900円のもとを取ろうとテレビやスマホでプライム・ビデオを観まくっていることでしょう。かくなる僕もその一人で、自宅だけに飽き足らず外出時でもプライム・ビデオを観ています。

ということで今回は、プライム会員御用達のアイテム「Fire TV Stick」を車載して、プライム・ビデオや外部ストレージに保存した動画を楽しむ方法を紹介いたします。

Amazonプライム会員と Fire TV Stick

『Amazonプライム会員』とは、老若男女誰もが知っている大手ECサイト「Amazon」の有料サービスが抱き合わせでいくつも利用できる選ばれし者たちのことです。
年会費3,900円(税込)を Amazon に納めることでプライム会員になることができます。

そして『Fire TV Stick』とは、プライム会員の10人に9人は所有しているといわれるネットワークメディアプレーヤー。スマホのようにアプリをインストールすることで、プライムビデオはおろか音楽やゲームなども楽しめる Amazon 自慢の人気商品です。
自宅のTVをお手軽にネットワークTVに進化させることができるうえ、なんといっても音声認識リモコンとセットで5,000円を切るという高コストパフォーマンスが売りです。

created by Rinker
Amazon
¥4,980 (2018/11/16 21:10:11時点 Amazon調べ-詳細)
と、ここまではプライム会員なら常識中の常識ですよね。
ちょっと何言ってるのかわかんない…という人は、まずは Amazon に 3,900円 の年貢を納めて「プライム会員」になりましょう。

Fire TV Stick を車載しよう

それでは早速、Fire TV Stick を車に設置します。(新規で購入した人は、あらかじめ自宅のテレビとネットに接続して本体のセットアップを済ませておきましょう)

といっても、Stick本体のHDMI端子をカーナビやカーオーディオのHDMIの穴に差し込み電源をとるだけです。
ただしHDMI入力に対応したナビは少ないので、ほとんどは ↓ のような商品でアナログ変換が必要になります。

created by Rinker
TSdrena
¥2,980 (2018/11/16 20:27:15時点 Amazon調べ-詳細)
この 黄・白・赤 の3色の端子なら、たいていのカーナビの外部入力に対応しています。
※ 詳しくはお持ちのナビの取扱説明書をご確認ください。純正ナビなんかは接続用のケーブルが別売りだったりします。

また、Stick本体への給電も必要です。シガーソケットから電源の取れるスマホ用充電器で代用可能です。
ただし、Stick の電気定格が 5V;1.8A なので、1.8A 以上出力が可能なものがよいでしょう。前述のアナログコンバーターを使用する場合は、さらに高出力の 2.4A が必要になります。

created by Rinker
AUKEY
¥899 (2018/11/17 02:45:03時点 Amazon調べ-詳細)
必要なものが揃ったら、カーナビと Fire TV Stick をケーブルでつなぎます。

写真は僕の乗る 日産エクストレイル(2016年式) に接続した様子です。
エクストレイルに限らず日産車はどれも収納スペースが中途半端なサイズで、外部機器を納めるのにいつも難儀します。今回もご覧のように横幅が少し足りず、とりあえずトレイの縁に乗っかっているだけという状態で非常に見栄えが悪いです。

ネットに接続しよう

インターネットへの接続は、モバイルルーターをお持ちであれば特に問題はないでしょう。
持っていなくてもスマホのテザリング機能で代用可能です。

外部ストレージも繋いでみよう

残念なことに、Fire TV Stick には外部ストレージを繋ぐためのポートがありません。プライムビデオだけで十分だよという人ならよいのですが、外付けHDDにため込んだ自前の動画も再生したい人には不便です。
そこで ↓ のようなアイテムを使って、外付けHDDなどの外部ストレージを無線で接続します。

created by Rinker
ラトックシステム
¥1,200 (2018/11/16 21:10:11時点 Amazon調べ-詳細)
詳しくはコチラの記事をご参照ください。

これはコンソールボックスの中へ納めます。

ここでひとつ問題が!
エクストレイルに標準搭載されている「オートACC」なるクソ機能(ロックを解除すると自動的にACC電源が入る機能)のせいで、エンジン始動時のわずかな停電後に Wi-Fi 接続が自動復帰しないという現象が発生しています。
上記の商品以外では起こらないかもしれませんが、まったく日産は余計な機能をつけてくれたものです。

さっそく映してみよう

それではエンジンを始動して Fire TV Stick を起動します。

ここでも問題発生!
動画を再生していると Stick 本体がどんどん熱くなってきて、1時間ほど視聴したところで高温によりハングアップしてしまいました。2月の寒い時季でさえコレですから、夏の車内ではとてもじゃないけど長時間の使用には耐えられそうにないですね。

試しにヒートシンクを貼ってみました。
これで少しは改善されるといいのですが…

まとめ

それでは Fire TV Stick 車載化のまとめです。

  • 発熱による強制終了のため長時間の使用には排熱の工夫が必須
  • 日産車の収納スペースは中途半端で使いづらい
  • 日産車のオートACCはクソ仕様

以上、なぜか日産車批判になってしまいました。
技術の NISSAN さん。お年寄りを騙くらかすようなセコい車作ってないで、もっと乗ってて楽しいクルマを作ってください。

おしまい

オススメの記事