【2020年】おすすめ格安SIM|生き残るのはコレだ!

ここ数年で一気に増えた格安SIMですが、今後はサービスの廃止や会社の吸収合併によって数が減っていくことが予想されます。

最近では…

  • 2017年
    ぷららモバイル:サービス終了
    FREETEL:格安SIMサービスを楽天モバイルに譲渡 
  • 2019年
    DMMモバイル:格安SIMをサービスを楽天モバイルに譲渡
  • 2020年
    U-mobile:ウェブサイトでの新規受付終了

    といったインターネット広告やテレビCMで名の知れた格安SIM会社でさえ、サービス終了やライバル会社への吸収によって市場から姿を消しています。
    そして、2020年はこの流れがさらに加速すると予想されます。

    せっかく格安SIMに乗り換えても、すぐにサービスが終了してしまったら困りますよね。
    そこでこの記事では、2020年を生き残れるであろうおすすめ格安SIMを厳選しました。

    • 格安SIMに乗り換えて毎月のスマホ代を節約したい
    • でも格安SIM会社が多すぎてどこを選べばよいのかわからない

    そんなお悩みをお持ちのあなた。
    とりあえずここで紹介している格安SIMを選んでおけば間違いありませんよ。

    2020年を生き残る!おすすめ 格安SIM

    IIJmio

    IIJmio は老舗ながら次々と新しいサービスを展開する格安SIM業界のパイオニアです。

    IIJmio おすすめ料金プラン
    • eSIM プラン
    • ファミリーシェアプラン
    料金プラン データ容量 料金
    eSIM プラン 6GB /月 1,520 円/月
    ファミリーシェアプラン 12GB /月 2,560 円/月~

    SIMカード不要で高速データ通信ができる eSIM サービスを日本国内で提供している数少ない 格安SIM が IIJmio です。
    eSIM なら iPhone や Google Pixel などの対応端末で利用でき、ドコモや au のような大手携帯電話会社(キャリア)の契約を残しながらデータ通信料を節約することができます。

    いきなり格安SIMへの乗り換えは不安という人にもおすすめです

    ファミリーシェアプラン は月々12GBのデータ通信量を3~10回線で分け合うプラン。
    大手キャリアではデータ量をシェアする料金プランが廃止されているので、家族でデータを分け合いたい場合は 格安SIM へ乗り換えるしかありません。

    家族で乗り換えるのにピッタリね

    また、eSIM プラン・ファミリーシェアプランどちらも余ったデータ量は翌月へ繰り越しができます。
    これも大手キャリアでは廃止されているサービスです。

    大手キャリアと違い、音声通話機能はオプション(700円/月)です。
    音声通話をあえて付けず LINE などの無料通話を活用すれば、スマホ料金を大幅に節約できます。

    IIJmio は大手キャリアや他の格安SIMにはないサービスを扱っているので、2020年以降も生き残る最有力候補です。

    楽天モバイル

    楽天モバイルは後発ながら現在は格安SIM業界の大手に成長しました。

    楽天モバイル おすすめ料金プラン
    • スーパーホーダイ
    料金プラン データ容量 料金
    プランS 2GB /月 2,980 円/月~
    プランM 6GB /月 3,980 円/月~
    プランL 14GB /月 5,980 円/月~
    プランLL 24GB /月 6,980 円/月~

    楽天会員なら1年目は 1,500 円/月 割引!

    スーパーホーダイ はデータ容量を使い切っても 1Mbps の中速でデータ通信が続けられます。
    1Mbps の速度があればメールやメッセージは全く問題なし、ウェブサイトの閲覧やゲームもストレスなくできます。
    動画の視聴は画質を落とせば十分可能で、日常生活での使用に全く支障はありません。

    いちばん安いプランSでも十分ね

    余ったデータ容量は翌月に繰り越しが可能。
    また、料金そのままで10分以内の国内での音声通話がかけ放題です。

    ネットも電話もそれなりに使う人に最適です

    楽天モバイルは独自の回線網を用意して携帯電話事業に新規参入する予定です。
    ドコモや au のような大手キャリアの仲間入りを目指しているので、楽天モバイルのサービスがすぐに終了する可能性は低いでしょう。

    mineo

    mineo(マイネオ)はデータシェアの柔軟さとユーザー同士の交流が特徴的な格安SIMです。

    mineo おすすめ料金プラン
    • デュアルタイプ(音声通話+データ通信)3GB
    料金プラン データ容量 料金
    Aプラン(au) 3GB /月 1,510 円/月
    Dプラン(ドコモ) 3GB /月 1,600 円/月
    Sプラン(ソフトバンク) 3GB /月 1,950 円/月

    mineo はドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応です。
    今使っているスマホをSIMロック解除せずに乗り換えられます。

    特定のユーザーとデータ容量をシェアしたり、データ容量をプレゼントできます。
    また、余ったデータ容量をフリータンクという貯蔵庫に貯めて、全mineoユーザーでシェアすることもできます。

    家族だけじゃなくお友達ともシェアできるのね

    公式コミュニティサイトの「マイネ王」では、スマホや格安SIMについてmineoユーザー同士が気軽に聞き合えます。
    ユーザー同士の情報交換が盛んで、スマホのことで困ったときには誰かが力を貸してくれます。

    スマホ初心者でも安心して乗り換えられますよ

    mineo はいろいろな方法でデータシェアができるうえにユーザー同士の交流が盛んで、顧客満足度の高い格安SIMの一つです。

    LINEモバイル

    LINEモバイルはその名のとおりコミュニケーションアプリ人気No.1の「LINE」の格安SIMサービスです。
    ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しています。

    LINEモバイル おすすめ料金プラン
    • ベーシックプラン(500MB・データSIM)
    • SNS音楽データフリーオプション
    料金プラン データ容量 料金
    ベーシックプラン(データSIM) 500MB /月 600 円/月~
    SNS音楽データフリー - +480 円/月~

    とにかく料金を安く抑えたい人におすすめなのが ベーシックプラン の 500MB・データSIM(SMSつき)です。
    月々のデータ容量は 500MB しかありませんが、LINEを使った無料音声通話やメッセージ、画像・動画のやりとりではデータ使用量がカウントされません。

    子供に持たせる初めてのスマホに最適です

    +480 円で LINE の他、Facebook や Twitter・Instagram・LINE MUSIC のデータ使用量がカウントされなくなる SNS音楽データフリー オプションがお得
    音声通話つきでもデータ容量 3GB のプランで月額 1,960円~ という安さです。

    SNSに写真や動画をアップするのって結構データ量を使うのよね

    LINEモバイルはソフトバンク傘下の格安SIMです。
    スマホユーザーの多くが利用する LINE のサービスとの親和性が高く、さらに大手キャリアの後ろ盾があるため簡単に潰れることはないでしょう。

    オススメの記事