パケットを1ギガもムダにしたくないなら mineo(マイネオ)がオススメ

スマホユーザーのみなさん、毎月のパケット容量を使い切れていますか?
我が家では月10GBを4人でシェアしていますが、にもかかわらず毎月2〜3GBは余ります。息子がスマホを持つまでは月に8GBは余っていました。使わなすぎです。
余ったパケットは有効期限(大抵は翌月末)が来ると無効になってしまいます。毎月数GBをドブに捨てていることになります。これはもったいないことです。

このように、毎月余らせてしまうパケットを少しもムダにしたくないなら、格安SIMの「mineo(マイネオ)」への乗り換えを検討してみませんか?

パケットを1ギガもムダにしない mineo の3つの機能

mineo にはパケットについて次の3つの独自機能があります。

  1. パケットシェア
  2. パケットギフト
  3. フリータンク

この3つを駆使すれば、余ったパケットを有効利用できたり、パケットの有効期限を伸ばす裏ワザ的な使い方ができるんです。

1. パケットシェア

パケットシェアとは、当月中に使い切れなかったパケットを最大5回線でシェア(分け合う)ことができるサービスです。
大手キャリアや他の格安SIMにも同じようなサービスがありますが、mineo では 同じ mineoユーザーどうしなら、家族だろうが友人だろうがSNSで知り合ったどこの馬の骨ともわからんような人とでも、最大5回線でパケットをシェアできます。さらに、ドコモ回線のDプランやau回線のAプランに関係なくシェアできます。

今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

mineoユーザーどうしなら誰とでもシェアOK

大手キャリアや他の格安SIMのように「同一ID限定」や「家族限定」といった縛りがありません。友だちどうしや、赤の他人どうしでもシェアグループを作って分けあえるのが mineo だけの機能。

さらに他社にありがちな「シェアオプション料金」というパケットシェアを利用するための追加料金が、mineo では一切かかりません。

余ったパケットが自動的にシェアされる

mineo のパケットシェアは、当月に余って翌月に繰り越された分のパケットが自動でシェアされます。シェアされたパケットの有効期限は繰り越された月の末日で、それでも使いきれなかったパケットは消滅します。

パケットシェアで追加されたパケットは、個人のパケットよりも先に消費されます。パケットシェアで追加されたパケットをすべて使い切ってはじめて個人のパケットが消費されていきます。
そして個人のパケットが余ったら、また翌月のシェア用として繰り越されるという仕組みです。

事前の手続きが必要

パケットシェアを利用するには、事前にシェアグループを作っておかなければいけません。
シェアグループを作るには、代表になる1回線がグループメンバーにしたい回線(最大4回線)に承認依頼メールを送信します。メールを受け取ったメンバー候補全員が承認しないとグループが成立しません。

作ったシェアグループのメンバーを変更することはできません。
メンバーを変更するには一度グループを解散し、新しいグループを作りなおす必要があります。

手続きに使うメールは mineoメール(mineo 契約時にもらえる「@mineo.jp」のメール)です。
mineo メールは事前に設定しておかないといつまでたっても使えないので、mineo を契約したら必ず設定しておきましょう。

2. パケットギフト

パケットギフトもパケットシェアと同じく mineoユーザーなら誰とでもパケットを分け合えるサービスですが、パケットシェアと違いシェアグループを作らなくてもOK。余ったパケットを誰かに「贈る(ギフトする)」機能です。もちろん無料で利用できますが、「贈り物」なので自分つまり同じ eoID(mineo のユーザーID)の回線にはギフトできません。

パケットギフトは他社にはない mineo 独自のサービスで、これをうまく使えば「パケットの無期限繰越し」が可能です

今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

パケットギフトの贈り方・受取り方

パケットギフトをやり取りするには、まず mineo のマイページにログインしましょう。

贈る(ギフトする)側は、贈りたいパケット量を入力してギフトコードを発行します。このギフトコードを贈りたい相手に教えましょう。

受取る(ギフトされる)側は、教えてもらったギフトコードを有効期限内にmineoマイページのギフトコード入力欄に入力するだけです。

コードの有効期限は発行から2日間ですが、その2日の間に月末を迎えてしまったらその時点で無効になります。無効になったパケットギフトは贈る側に返還されます。
また、一度にギフトできるパケット量は 10MB〜9,990MB です。もちろん自分のパケット残量を超えて贈ることはできません。

無期限繰越しのやり方

まず、協力してくれる mineoユーザー を見つけて連絡をしておきましょう。
家族や友だちが理想ですが、家族も友だちもいない寂しい人は「マイネ王」などの掲示板で募集してみましょう。

「マイネ王」とは、mineo が運営する公式のユーザーコミュニティサイトです。
マイネ王には、ユーザーどうしの書き込みで mineo に関する疑問を解決できる「教えて!答えて!王国教室」というコーナーがあります。王国教室に、パケットギフト相手募集中と書き込んだり、逆に相手を募集しているユーザーを見つけることもできます。

相手ユーザーが見つかったら、有効期限が近いパケット容量を相手にギフトします。
そして、相手にも同じパケット容量を自分にギフトしてもらいます。お互いに同じ容量をギフトしあうってことですね。
受け取ったパケットギフトの有効期限は受取日の翌月末までなので、これで今月末で期限の切れるパケットを1ヶ月延命させることができます。さらにこれを毎月繰り返すことで、余ったパケットを延々と繰越し続けることができます。

パケットシェアとの併用が可能

パケットシェアでシェアしているパケット容量も誰かにギフトすることができます。シェアしていてもまだ余ってしまうパケットはギフトでさらに延命させてしまいましょう。
ただし、ギフトするときはシェアグループのメンバーに事前に断っておかないとケンカになっちゃいますよ。

3. フリータンク

フリータンクとは、余ったパケットを寄付したり寄付されたパケットをひと月最大1GBまで無料で引き出して使うことができるサービスです。全 mineoユーザー 共有の通帳へパケットを預けて、パケットが足りないときに引き出して使うといった感覚です。
これも mineo の他社にはない独特なサービスです。

今なら6ヵ月間月額410円(税抜)からの格安スマホmineo

フリータンクからパケットを引き出す

パケットを引き出せるパケットは合計1GBまで、引き出せる回数はひと月に2回まで。
また、引き出せる期間は毎月21日から末日の1日前までです。

さらに、預けた量よりも引き出した量が多い場合、パケットの残りが1,000MB以下でないと引き出すことができません。これは、パケットがたくさん余っているのに上限目一杯引き出して、それを転売する輩がいるためです。

ユーザーの善意で成り立つサービスなのに、悪用しようとする心ない人がいるんですね。

フリータンクにパケットを預ける

フリータンクに預けることができるパケットは10GBまでです。
引き出すときと違い、預ける時期や回数に制限はありません。

まとめ

以上、格安SIMの mineo(マイネオ)なら「余ったパケットもムダなく使い切れるよ」というお話でした。
まずは、パケットシェアで分け合い、それでも余ったらパケットギフトで誰かにプレゼント(相互ギフトでパケットの寿命を伸ばすのもアリ)。さらに余ったらフリータンクに寄付するというふうにパケットの有効活用が mineo なら可能です。パケットが毎月余ってもったいないという方は mineo への乗り換えを考えてみませんか?

mineo
ケイ・オプティコム
月額料金: 700


でも、最後にもう1つパケットをムダにしない方法をお教えします。
それは、いま契約している「パケットの契約内容を見直すこと」です。
大手キャリアも格安SIMも月々のパケット容量に様々なプランが用意されています。ショップの店員の口車に乗せられたり、格安SIMの低料金につられてついつい大容量のプランを選択していませんか?
過去数カ月の使用量を一度見直し、自分にあった最適な容量のプランに変更する。これが、お金もパケットもムダにしない一番の方法だと思います。