車内に蚊が入ってきてウザいので害虫対策した話

毎にち暑い日が続きますね。
こう暑いとエアコンの効いた室内でグダグダしがちですが、思い切ってクルマで遠出するのもまた楽しいものです。
特に海岸沿いを窓全開でドライブするのは最高です。
僕の実家の近くには、浜辺をクルマで走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」という有名なスポットがあります。波打ち際ギリギリまで車で行くことができ、この時期は海水浴客で賑わいます。

シーズン中は混雑と海水浴客の安全のため速度は規制されますが、クラゲが出始める8月後半は空いてくるので制限速度目一杯で走れます。潮風と波音を感じながら波打ち際をドライブする、これが最高に気持ちいいんですねー。

それはさておき、夏のドライブといえば忘れてはいけないのが害虫対策です。特に「」ですね。
運転中に耳元で「プ〜ン・・・」ってされたらもう気になってしまって大変危険です。事故を起こす前にしっかり対策をとっておきましょう。

クルマにも殺虫剤を

窓を開けて運転するときはもちろん、「夏はエアコンをつけるから窓なんて開けないよ」という場合でも乗り降りの際に蚊は車内への侵入を試みてきます。

そこで、車内へ殺虫剤を持ち込んでみようと思いました。
候補に挙がったのは次の方々たち。

候補1 最強の殺虫剤「バポナ」

バポナ ミニ 殺虫プレート
アース製薬
参考価格: 700 くらい

以前、当ブログでも紹介した最強かつ最凶の殺虫剤「バポナ」です。

かつては「劇薬指定」だったため、購入の際には印鑑が必要でした。

効果

据置タイプながら、蚊はおろかハエやゴキブリをも抹殺できます。
害虫だけでなく金魚や小鳥まで死に至らしめるほど強力で、カブトムシくらいなら一晩であの世行きでしょう。子どもたちのトラウマとなること必至です。

安全性

とても危険です!
注意書きには「人が長時間滞在する場所」での使用が禁止されているので、車内での使用なんかもってのほかです。

蚊と一緒に自分まで死んでしまっては元も子もないので、バポナは却下となりました

候補2 蚊の駆除の王道「蚊取り線香」

金鳥の渦巻
金鳥(KINCHO
参考価格: 1,200 くらい

100年以上の伝統を誇る蚊の駆除の王道です。
お馴染みの渦巻きが、憎き蚊たちを黄泉の世界へと誘います。

効果

1世紀以上の伝統に裏付けられた確かな効果が期待できます。
最近はローズやラベンダーなどの香りつきのものも販売されているので、芳香剤としても効果があるかもしれません。

安全性

天然成分仕様で人体にも安全です。
ただし「火」を使うので火災の危険性は伴います。

火気の使用はもちろん、こんなものを車内で使ったら煙たくて運転どころではありません
却って事故の危険性が増すので却下となりました

候補3 ワンプッシュで蚊を撃退「おすだけノーマット」

おすだけノーマット スプレータイプ
アース製薬
参考価格: 980 くらい

ワンプッシュするだけで10時間以上蚊を寄せ付けないと評判の殺虫剤です。
火も電気も使わないお手軽さが魅力です。

効果

蚊だけでなくハエにも効くくらい強力。しかも1回の噴射で14時間も効果が続きます。

安全性

自宅の寝室で使っていますが人体には無害のようです。一緒に寝ている犬たちも元気です。

コレはいい!!と思ったんですが、

暖房器具(ファンヒーター等)や加熱源の周囲、夏場の車内は温度が上がり破裂する危険があるので置かないこと。

という注意書きが!!

車内でスプレーが爆発しようものなら大惨事なので、惜しみつつも却下することにしました

候補4 腕時計タイプで省スペース「おそとでノーマット」

おそとでノーマットV130
アース製薬
参考価格: 980 くらい

携帯用蚊取りの定番「おそとでノーマット」です。
腕時計タイプということでとても小さく、電池式なので設置場所を選びません。

効果

ファン付きですばやく薬剤を拡散でき、小さいながらも即効性がありそう。
説明にも “テント、車等の5~7m3くらいの空間で使用する。” と書かれているくらいなので十分な効果が期待できます。

安全性

車内での使用が可能であることを匂わす説明から安全だと思われます。
ただし、

車内などの高温になる所での長時間の保管は避けること。

という注意書きがあるので、車内に常設しておくのはNGかな。
スプレーのように爆発の危険はなさそうですが…。

ということで、こちらは一旦保留とします

候補5 サンバイザーに挟むだけ「虫よけバリア」

虫よけバリア クルマ用
フマキラー
参考価格: 380 くらい

火も電気も使わない、サンバイザーに挟むだけのお手軽な防虫剤です。
今回いろいろ調べましたが、「車載」を前提とした商品はコレくらいしかありませんでした。

効果

「虫よけ」ということで殺虫効果はほとんど期待できなさそうです。
入ってきた蚊を殺すことより、まず蚊の侵入を防ぐだけのものです。

安全性

「クルマ用」とうたっているくらいなので、安心して車内で使えそうです。

車内で使うための商品だし値段も安いので、まずはダメもとで「虫よけバリア」を使ってみることにしました

「虫よけバリア クルマ用」を取り付ける

この商品はクリップ一体型でサンバイザーに挟んで固定します。

パッケージには、

【女性に人気の花柄デザイン!】
車外から見えてもカワイイ、アクセサリー感覚の虫よけ!

と書いてありますが、
カワイイかこれ?

効果のほどは?

取り付けてから1周間経ちました。
自宅の駐車場は植木があったりして蚊が多いのですが、いまのところ車内に蚊が侵入することはありません。意外と効果があるようです。

ただ、見た目がいまひとつですね。花柄のデザインは車外から見えるとちょっと恥ずかしいです。
せめてケースの色が黒だったらよかったのに…

ということで、設置場所をサンバイザーから足元のエアコン吹き出し口へと移動しました。
これで効果が変わるかしばらく様子見です。

まとめ

以上、クルマで使える「虫よけ」について紹介しました。
今回採用した「虫よけバリア」は、今のところ「虫よけ」としての効果を発揮できています。
しかし、もし車内への蚊の侵入を許してしまったときの「殺虫剤」としての効果が期待できないので、候補3の「ワンプッシュ式」殺虫剤もカバンに忍ばせておくのをオススメします。

これで車内の害虫対策はバッチリ。快適な夏のドライブを楽しみましょう♪

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です