スマホを無料アプリでカーナビに

カーナビアプリの進化がスゴいです!

ナビとしての機能だけなら専用機と比べても遜色ありません。ヘタすれば、セコいポータブルナビよりも優秀です。さらに、なんと無料で使えるカーナビアプリまで登場しているというのだから驚きです。これでもう何万円もする高価なカーナビを買う必要がありません。
今回は、そんなスマホやタブレットで使える優秀でかつ無料のカーナビアプリを紹介します。

カーナビアプリを使うメリット・デメリット

まずは、車載専用機と比較したときのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

価格が安い

無料アプリは言うまでもなく、有料のものでも年間3,000円程度と安価です。手持ちのスマホやタブレットを使えば機器代は0円ですし、ナビ用に端末を購入する場合でも1~2万円台の端末で十分です。

地図更新が無料

専用機では地図の更新が有料、かつ1回につき数万円の費用がかかります。カーナビアプリなら地図の更新に費用はかかりません。

常に最新の地図

常に最新の地図を使うことができます。専用機で年に1~2回程度、ポータブル機種では地図更新非対応のものもあるため、最新の地図データを使えるカーナビアプリの方がはるかに使い勝手が良いです。

情報量が多い

渋滞情報に加え、オービスや取り締まり情報なども表示できます。オンラインで常に最新の情報を取得することができます。

操作が直感的

ピンチイン・アウトによる縮尺の変更や、目的地の音声検索など操作が簡単です。

デメリット

通信コストがかかる

基本オンラインで使用するためパケット通信料がかかります。ただし、200kbps程度の低速環境でも問題なく使用できるため、格安SIMを使って料金を抑えることが可能です。

バッテリーの消費

常時通信&GPS使用などバッテリーを消費する機能をフル活用するため、残量が瞬く間に減っていきます。長時間の使用では電源の確保が重要です。

通信が途切れたとき

通信が途切れた場合、地図が表示されません。また、トンネルなどでGPSが測位できなくなることがあります。電波が弱くトンネルなどが多い山間部のドライブには注意が必要です。

熱に注意

ナビアプリ使用中の本体の発熱に加え、ダッシュボードやその付近に設置することによる日差しの影響で、端末の温度がかなり上昇します。エアコンの吹き出し口付近に設置したりして、本体を冷却する工夫が必要です。

スマホやタブレットを使うことによるデメリットはいくつかありますが、コストの面で車載専用機より優位であると言えます。ナビアプリを使う上で気になる通信費用ですが、格安SIMを使うことでかなり抑えることができます。

スマホをカーナビにできるオススメのナビアプリ

Googleマップ

おなじみの地図アプリ「Googleマップ」には音声ガイドつきのナビ機能が搭載されています。

マップ - ナビ、乗換案内

Google マップ
開発元:Google, Inc.
posted with アプリーチ


ユーザーから位置&速度情報を集めて解析された独自の渋滞情報を表示することができます。この渋滞情報は、多くのカーナビで採用されているVICSによる渋滞情報よりタイムラグが少ないのが特徴で、まさに「リアルタイム」渋滞情報といえます。

地図

地図は非常にシンプルで見やすいです。ただし、日本では「ゼンリン」から地図データの提供を受けているため更新が遅いのが残念。
事前に地図データをダウンロードしておくことでオフラインでの使用も可能ですが、日本では対応エリアが極端に少なく、今のところ実用的ではなさそうです。

ナビ機能

「高速優先」「一般優先」といった条件でのルート検索が弱いです。また現在の仕様では、GPSロガーなどの外部機器による位置情報が取り込めないため、自車位置の精度はスマホやタブレット内蔵のGPSの精度に依存します。

Yahoo!カーナビ

その名のとおり「Yahoo!Japan」の提供するカーナビアプリ。機能満載ながら無料で使えるということで人気急上昇中です。

Yahoo!カーナビ - 渋滞情報も全て無料のナビアプリ

Yahoo!カーナビ - 渋滞情報も全て無料のナビアプリ
posted with アプリーチ


VICSに加え、「プローブ」というユーザーからの走行ログを基にした渋滞情報を合わせて表示することができます。

地図

文字が大きくて見やすい印象です。道路がはっきり識別できる色使いも好感がもてます。個人的には、今回紹介したアプリの中では最も見やすい地図だと感じました。
横画面表示にしたとき、上部の検索バーのせいで地図のスペースが狭くなるのがマイナス。

ナビ機能

Yahoo!地図と連携して、お気に入りに登録した場所を呼び出すことができます。
駐車場の空き情報やガソリンスタンドの料金情報も検索でき、市販のカーナビと遜色ない機能を備えています。

NAVIRO(ナビロー)

[notification color="red"]2017年7月をもって NAVIRO(ナビロー)はサービスを終了し、アプリの配布も終了しました。
インストール済みのアプリも使用不可となっています。[/notification]

こちらも無料のカーナビアプリです。2015年登場の新参ですが、Yahoo!カーナビに匹敵する人気と機能を有しています。
NAVIRO(ナビロー)


「ビーラインテクノロジー」なる独自の技術で、他社ナビアプリより通信時のデータ使用量を削減しています。

地図

昭文社の地図データを採用。色使いは Yahoo!カーナビ に比べてやや淡い感じがしますが、十分見やすいです。

ナビ機能

かなりの高機能です。ルート案内はもちろん、オービス・取り締まり情報を音声案内してくれるほか、ドライブレコーダー機能や、某パイ■ニア社の「●イバーナビ」のようなARモードをも搭載しています。

そのほか、音声案内を方言にできる「ナビ声」なる楽しい機能も搭載されています。
これで無料とは驚きです。

MAPS.ME

オフラインで使うカーナビアプリ。事前に地図データをダウンロードしておくことで、インターネット接続がなくてもナビとして機能します。

MAPS.ME — オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME — オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
posted with アプリーチ


完全オフラインで使えるので、データ通信料が心配な海外で実力を発揮します。

地図

いかにも「外国製」といったデザインです。外国製だけあって、建物の名称などが有名どころしか表示されません。

ナビ機能

ナビとしては多機能ではありません。音声案内もありませんが、オフラインのため動作は軽快です。オフライン地図として海外で使うのにも適しています。

まとめ

以上、スマホをカーナビにする無料アプリを紹介しました。
お好みのアプリは見つかりましたか?

スマホをカーナビにする際は、「道路交通法」や保安基準を守って正しく安全に使いましょうね。

スマホをカーナビにするならこんな記事もオススメ

[post id="102" style="thumbnail"] [post id="64" style="thumbnail"]

おしまい

オススメの記事