スマートウォッチは死んだのか?!復権のカギはあの“ウルトラな”デバイス

Apple Watch Series 3(アップルウォッチ3)が9月22日に発売されました。発売されたのですが…、あれ?イマイチ盛り上がっていませんね。
一時期TVなどで大々的に取り上げられるなど期待されていたスマートウォッチですが、最近はかなり下火なご様子。スマートウォッチ市場は死んでしまったのでしょうか?アップルの力を以てしても、もう復活はできないのでしょうか?

単体で通信できるのに…

アップルウォッチ3 の最大の売りは、それ単体で通話やデータ通信が可能なことです。

今までの アップルウォッチ をはじめ主要なメーカーが発売しているスマートウォッチのほとんどは、スマホやタブレットPCの機能拡張ツールでしかありませんでした。スマホにかかってきた電話を遠隔で受けたり、スマホで受信したメールを閲覧したりなど、スマホと連携して使うことが前提でした。
あとは歩数や心拍数を計測し、健康管理をサポートする機能を前面に押し出した商品ばかりで、運動が趣味でないインドア派には興味も沸かない代物でした。

今回の アップルウォッチ3 は eSIM という本体内蔵のSIMカードを搭載しているので、スマホと連携しなくても通話やメールが可能です。
ところが、この eSIM というのが曲者で、国内では ドコモ・au・ソフトバンク の3大キャリアが用意する アップルウォッチ 用の月額有料オプションに加入する必要があります。つまり、

大手キャリアのバカ高い料金プランの契約が必須

です!
もともと大手キャリアを使っている人はオプション料金だけで済みますが、格安SIMユーザーにとってはこれはイタイ!
やはり アップルウォッチ は、貧乏人には手の出せない高嶺の花なのでした。

ほかにもあるよ!単体で通信できるスマートウォッチ

もちろん世の中には、アップルウォッチ3 以外にも単体で通話・通信の可能なスマートウォッチがあります。
いずれもSIMカードの抜き差しができ、格安SIMが使えるものもあるのでランニングコストをかなり抑えることができます。

LG Watch Urbane 2nd Edition

LG Watch Urbane 2nd Edition
LG
参考価格: ¥ 35,000 くらい

世界初のLTE回線で使えるスマートウォッチ。ウエアラブルデバイス向けのアンドロイドOS「Android Wear」を搭載しています。
APN設定が手動で行えず、使用できる格安SIMは「IIJ」と「OCNモバイル」の2種類のみです。

Samsung Gear S

Gear S
Samsung
参考価格: ¥ 28,000 くらい

国内正規品が購入でき安心ですが、採用OSが「Tizen」のため対応するアプリがかなり限定されます。
また、APN設定が手動で変更できず、格安SIMが使えません。

SmartGear49

SmartGear49
ANYYOUON
参考価格: ¥ 34,000 くらい

Android 4.4 採用でかつ Google Play 対応のため、アプリの選択肢が多いです。
ただし防水非対応でバッテリー持ちもかなり悪いようです。

この分野では韓国メーカーが頑張っているようですが、日常的に不自由なく使うにはまだまだ足りない部分が多いですね。

スマートウォッチに求めるのはやっぱりコレだよね?

ところでみなさんは、スマートウォッチに何を求めますか?
電話やメールといった連絡用ツール?それとも健康管理サポート機能?

僕がスマートウォッチに求める機能はもうコレに尽きます!

日本特撮の名作「ウルトラセブン」に登場するスマートウォッチ的なものです。ウルトラ警備隊の隊員どうしがTV電話でやりとりするシーンがシリーズを通して何度も見られます。

(キリヤマ隊長がマイク持っちゃってるのは触れてあげないでください)
50年前は空想上の夢のアイテムだったものが、現在の技術なら高いクオリティで実現可能でしょう。
ウルトラセブンに夢中になっていたこどもたちは間もなく定年を迎えようという世代。カネ持ってる世代ですよ。ウルトラセブンとコラボしてテレビCM撃てば中高年のオッサンたちに売れまくるんじゃないでしょうか?

ウルトラセブン Blu-ray BOX Standard Edition
円谷プロダクション
参考価格: ¥ 20,000 くらい

ちなみに子供向け特撮番組のウルトラマンシリーズの中で、ウルトラセブンはより高い年齢層をターゲットに構成されています。脚本はドラマ色が強く、凝った演出も多いため大人が見ても楽しめます。というより大人の方が楽しめます。全体的に爽快感に乏しく、モヤモヤしたものが残るストーリーが多いですが、今なおシリーズ最高とも評される名作ですよ。

おわり

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です