スタイリッシュでおしゃれなLEDデスクライト【TaoTronics TT-DL13】機能も充実でコスパ最高

子供たちが進学し夜遅くまでお勉強するようになったので、スタイリッシュでおしゃれなデスクライトを買いました。

TaoTronics の LED スタンドライト TT-DL13 です。

スリムな棒状のデザインで、どんなインテリアにも溶け込みます。
デスクライトとして最低限必要な明るさの調整はもちろん、光の色の変更もできます。
さらに USBポート が1口ついていてスマホの充電もできます。

カラーバリエーションはホワイト(白)ブラック(黒)・ウッド(木目調)の3種類。
お部屋の雰囲気に合わせて選べます。

価格は Amazon が安くて 4,000 円くらいです。
どの色も時期やセールなどによって 500 円くらい安く買えることがあるので、Amazon のタイムセールなどを狙うとよいでしょう。

ということで、この記事では TaoTronics の LED デスクライト TT-DL13 について詳しくレビューしていきます。

付属品と外観

このような箱に入って届きます。

付属品

箱には次のものが入っています。

  • デスクライト本体
  • ACアダプター
  • クリーニングクロス
  • 取扱説明書

スマホ充電機能が付いていますが、USBケーブルは付属していません。
取扱説明書は日本語対応です。

外観

  1. ライトヘッド
  2. ライトアーム
  3. ライトベース(土台)

の3つの部分に分かれています。

各部分のサイズは、➊ライトヘッド部分が 約33cm、➋ライトアーム部分は 約40cm です。

➌ライトベースの直系は 18cm でとてもコンパクト。

これは、あの国民的人気キャラクターとほぼ同じサイズです。
※ 著作権に配慮し画像には"ぼかし"を入れています

ライトの総重量は 880g です。
これは、あの国民的電気モンスター 1/7 匹分です。
※ 過激表現のため断面には"ぼかし"を入れています

使い方

電源の接続

ライトベースの背面にある丸い電源アダプターポートとコンセントを付属のACアダプターでつなぎましょう。
ライトベース表面の電源ボタンが  に光れば通電できています。

調光と調色の仕方

操作はすべてライトベースで行います。
ライトベース表面がタッチパネルになっています。

  1. 電源オン/オフ
  2. 光の色の切り替え
  3. 明るさの調節

の操作が行なえます。

光の色は、クリアな白から温かみのある黄色(電球色)まで5つの色に切り替え可能です。
②部分をタップするたびに切り替わります。

それぞれの光の色で7段階の明るさ調整ができます。
③部分をタップまたはスライドして調整してください。

5つの色×7段階の明るさだから
全部で 35種類 の光が設定できるよ

利用シーンやその日の気分に合わせて細かく設定できるのね

明るさは 410ルーメン。
10W の直管蛍光灯より気持ち明るいくらいです。

角度の調整

ライトヘッドとライトアームはそれぞれ角度が変えられます。

ライトヘッドは上下約 135°の間で調整ができ、90°の間で回転させられます。

ライトアームは上下約 160° 、左右 90° の間で調整可能。

ほどよい固さがあり自重で角度が変わることもありませんでした。

折りたたむとコンパクトになるので収納にも便利だね

使わないときは本立てにしまっておけるわ

スマホの充電

ライトアーム付け根の USB ポート からスマホやタブレットの充電もできます。

出力は 5V/1A です。
急速充電はできないので、この機能はオマケみたいなものですね。

まとめ

以上、TaoTronics の LED デスクライト TT-DL13 を紹介しました。

特徴(おすすめポイント)

  • LED なので省エネ&経済的
  • 5つの色と5段階の明るさ調整
  • コンパクト設計で収納にも便利
  • スマホの充電も可能
  • スタイリッシュでおしゃれなデザイン
  • なんといっても値段が安い

明るさと機能は十分
デザインも4千円の安物には見えないよ

注意点

  • 給電がACアダプターなので持ち運びに不便
  • タイマー機能がない

タイマーが付いてないから消し忘れには注意してね

蛍光灯より長寿命で省電力の LED は経済的ですが、蛍光灯と違って交換ができません。
LED の寿命がきたらスタンドライトの買い替え時です。

ライト本体ごと消耗品と割り切ってしまっても 4,000円 という値段はとてもリーズナブル。
メインのデスクライトとしても、また補助灯としてもオススメの一品です。

オススメの記事