Windows10で外付けHDDを「FAT32」でフォーマットしたい

Windows10 の標準機能ではできない、「FAT32」形式で外付けハードディスク(HDD)をフォーマットする方法を解説します。

nasne や 無線LANルーターのUSBポート に外付けHDDを繋ぐときに、FAT32 という形式でフォーマットしなければいけないことがあります。

古いバージョンの Windows では標準搭載のフォーマット機能で FAT32 が選択できました。
これが Windows10 では「NTFS」と「exFAT」の2形式しか選べなくなっています。

この問題は、残念ながら標準機能だけで解決する方法がありません。
素直にフォーマット用のソフトを使いましょう。

無料で使えるディスクフォーマットソフト

次の3つのフリー(無料)ソフトが候補にあがりました。

Disk Formatter2

USBメモリーや外付けハードディスクを販売する有名なOA機器メーカーの「バッファロー」のソフトです。
バッファローのホームページから無料でダウンロードできます。

Disk Formatter2 | バッファロー

このソフトはパソコンへインストールしなければいけません。
さらに、バッファロー製のハードディスクでしか使えませんでした。

Fat32Formatter

こちらも無料で使えるフォーマットソフトです。
パソコンにインストールすることなく使うことができます。

Fat32Formatter | トキワ個別教育研究所

このソフトを起動すると「ファンクションが間違っています。」と警告が出て使えませんでした。
対応OSは Windows7 までのようです。

ハードディスクフォーマッタ

バッファローとしのぎを削るOA機器メーカー「アイ・オー・データ」のソフトです。
ホームページから無料でダウンロードできます。

ハードディスクフォーマッタ | I-O DATA

パソコンにインストールしないで使えます。
さらに、アイ・オー・データの製品以外もフォーマットできます。

以下はインストール不要でメーカーにかかわらず使える「ハードディスクフォーマッタ」を使って、外付けハードディスクを FAT32 へフォーマットする手順です。

ハードディスクフォーマッタの使い方

STEP 1ソフトのダウンロード

I.O DATA の 公式ダウンロードページ から Windows10 対応のものを選びダウンロードします。

ダウンロードされた exeファイル をダブルクリックするとソフトが起動します。

STEP 2ハードディスクを選択

フォーマットしたい 外付けHDD を選びます。

2台以上の HDD を繋いでいるときは、選んだ方のアクセスランプがチカチカ点滅します。
ちゃんと確認して正しい HDD が選択されていたら、 [ 次へ(N) ] をクリックしましょう。

チェックポイント
 [ 次へ(N) ] をクリックすると、アクセスランプの点滅が点灯に変わります。
正しいハードディスクが選択されているか確認できるのはここだけなので、必ずチェックしましょう。

STEP 3フォーマット形式を選択

フォーマット形式は FAT32 、パーティション形式は MBR を選びましょう。

選び終わったら [ 次へ(N) ] をクリック。

確認を求められるので [ はい(Y) ] をクリック。

STEP 4注意事項への同意

「注意事項に同意します(A)」にチェックを入れて、 [ 次へ(N) ] をクリック。

STEP 5ハードディスクのフォーマット

[ 実行 ] をクリックするとフォーマットが始まります。

フォーマットが終わったら [ 完了 ] をクリックしてソフトを閉じます。

ここでフォーマットした HDD を取り外し、もう一度パソコンに繋ぎます。

Windows のディスク管理で確認すると・・・

ちゃんと FAT32 でフォーマットできていました。

まとめ

以上、Windows10 で 外付けHDD を FAT32 でフォーマットする方法でした。

今回は「ハードディスクフォーマッタ」というフリーソフトを使いましたが、お持ちのハードディスクがバッファロー製ならメーカー公式の「Disk Formatter2」を使うといいですよ。

 

オススメの記事